新公立病院改革プラン策定支援

新公立病院改革プラン策定支援

あずさ監査法人は、前回の改革プラン策定時の豊富な支援実績の他、経営・業務支援や事業計画策定支援の多数の実績に基づき、新公立病院改革プラン策定のアドバイザリーサービスを提供します。

あずさ監査法人は、前回の改革プラン策定時の豊富な支援実績の他、経営・業務支援や事業計画策定支援の多数の実績に基づき、新公立病院改革プラン策定のアドバイザリーサービスを提供します。

平成27年3月31日に、総務省自治財政局長から「公立病院改革の推進について(通知)」による新公立病院改革ガイドラインが発出されました。

当ガイドラインでは、病院事業を設置する地方公共団体は、平成27年度又は平成28年度中に、標準的には平成32年度までの期間を対象とした新公立病院改革プランを策定することとなっています。
また、新公立病院改革プランを策定するにあたっては、以下の4つの視点に立って改革を進めることとなっています。

 

1. 地域医療構想を踏まえた役割の明確化
2. 経営効率化
3. 再編・ネットワーク化
4. 経営形態の見直し

 

あずさ監査法人は、前回の改革プラン策定時の豊富な支援実績の他、経営・業務支援や事業計画策定支援の多数の実績に基づき、新公立病院改革プラン策定のアドバイザリーサービスを提供します。

 

お問合せ先
有限責任 あずさ監査法人
パブリックセクター本部 ヘルスケア部
03-3548-5801
AZ-healthcare@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

公立病院の経営改革(第2版) - 地方独立行政法人化への対応 -

公立病院の経営改革(第2版) - 地方独立行政法人化への対応 -

地方独立行政法人化を進めるにあたっての参考に資するため、地方独立行政法人化の制度対応や、PDCAサイクルの構築、経営管理の高度化について紹介しています。