犯罪収益移転防止法改正 マネー・ローンダリング、テロ資金供与への対応

犯罪収益移転防止法改正 マネー・ローンダリング、テロ資金供与への対応

KPMGは、金融機関のマネー・ローンダリング、テロ資金供与対策において、国内外で豊富な支援実績を有しています。

KPMGは、金融機関のマネー・ローンダリング、テロ資金供与対策において、国内外で豊富な支援実績を有しています。

我が国のマネー・ローンダリング法である犯罪収益移転防止法は2014年11月に改正され、2016年10月から全面施行されます。海外各国においても当局は規制を厳格化し、金融機関の態勢不備に対する行政処分が相次いでいます。これは世界的にマネー・ローンダリング、テロ資金供与の脅威が高まっていることに伴う各国政府の危機感が背景となっています。

我が国の金融機関としても、単なる法規制対応というだけでなく、マネー・ローンダリング、テロ資金供与に悪用されないための真に実効的なAML/CFT(Anti Money Laundering and Combating the Financing of Terrorism)態勢の整備が求められる時代となりました。

KPMGは、金融機関のマネー・ローンダリング、テロ資金供与対策において、国内外で豊富な支援実績を有しています。これまでのノウハウを蓄積した包括的なフレームワークに基づいて実効性あるAML/CFT態勢構築をサポートします。

 

内容

  1. グローバルな動向
  2. FATFとは
  3. 我が国のマネー・ローンダリングのリスク
  4. 犯罪移転収益防止法の改正
  5. 金融機関として求められる対応
  6. KPMGのサービス

 

サービス案内(PDF:223kb)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。