温室効果ガス排出量に対する検証

温室効果ガス排出量に対する検証

企業のCSR活動に関するリスク管理と、機会の拡大を支援します。

企業のCSR活動に関するリスク管理と、機会の拡大を支援します。

KPMGあずさサステナビリティは、制度に基づく検証業務においては、制度が規定するガイドラインに従って検証業務を実施します。また、自主的な排出量の検証業務においては、各企業等が規定した排出量算定の基準を確認したうえで、基準に従って排出量が算定されていることを検証します。

 

KPMGあずさサステナビリティによる支援の特長

KPMGあずさサステナビリティは、排出量取引制度における検証であるか自主的に受ける検証であるかを問わず、KPMGとして世界的に統一されたサステナビリティ情報に対する保証業務の方法論に準拠し、豊富な実績、個々の専門家が有する専門的知識、各種排出量取引制度への深い理解に基づき、個々のニーズに対応した、効率的で高品質な検証を実施します。検証業務では、品質を確保するために外部の契約検証人を用いず、全てKPMGあずさサステナビリティの職員が検証業務を実施します。※詳しくはPDFをご覧ください。

なお、KPMGあずさサステナビリティは、温室効果ガスの妥当性確認・検証機関の要求事項を定めた国際規格ISO14065の認定を日本適合性認定協会より受けています。

 

サービス案内(PDF:436kb)

 

KPMGあずさサステナビリティ
TEL:03-3548-5303
sustainability@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

Boardroom Questions パリ協定:気候変動に対する国際的な合意

Boardroom Questions パリ協定:気候変動に対する国際的な合意

企業は「パリ協定」における「2°Cシナリオ」を前提に、リスクやビジネス機会にいかに対応すべきか戦略的に検討することが求められます。