サステナビリティ情報の管理の高度化支援 | KPMG | JP

サステナビリティ情報の管理の高度化支援

サステナビリティ情報の管理の高度化支援

企業のCSR活動に関するリスク管理と、機会の拡大を支援します。

企業のCSR活動に関するリスク管理と、機会の拡大を支援します。

KPMGあずさサステナビリティは、サステナビリティ情報の開示のための様々な枠組みや基準に関する理解、また、CSR報告書に対する第三者保証業務を通じて蓄積した企業の実務上の課題やベストプラクティスに関する理解に基づき、サステナビリティ情報の管理の高度化を支援しています。

サステナビリティ情報の管理の高度化支援では、情報開示のための様々な枠組みや基準に関する知識を有しているだけでなく、企業が現実に直面する実務上の課題をも理解していることが不可欠です。企業がサステナビリティ情報の管理や開示に関して抱えている課題は一様ではなく、類似する課題でも、個々の企業の状況や目指すべき到達点によって、解決策は異なります。KPMGあずさサステナビリティは、過去15年以上、日本を代表する企業のサステナビリティレポートに対する第三者保証業務を実施してきており、サステナビリティ情報の管理や開示の実務において企業が直面する課題を深く理解し、同時に、それらの課題への対処についても、豊富な知識と経験を有しています。「教科書通り」の助言を提供するのではなく、個々の企業が置かれている状況を踏まえ、各ニーズに最も合致した形で、サステナビリティ情報の管理の高度化を効率的、効果的に支援します。

 

サステナビリティ情報の管理の高度化支援のステップ

  1. 現状分析
  2. 対処すべき課題の特定
  3. 管理体制・マニュアル・システムの整備・見直しに対する支援

 

※詳しくはPDFをご覧ください。

サービス案内(PDF:562kb)

 

KPMGあずさサステナビリティ
TEL:03-3548-5303
sustainability@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。