プレフィナンシャル・バリュー分析による戦略的支援

プレフィナンシャル・バリュー分析による戦略的支援

KPMGでは、社会・環境の変化によって、企業財務に顕著な影響を与える可能性が高いESG要因を「プレフィナンシャル(“未”財務)要因」として特定し、その影響を定量的に分析することで、中期経営計画等における財務指標との一元管理を可能とします。

KPMGでは、社会・環境の変化によって、企業財務に顕著な影響を与える可能性が高いESG要因を「プレフィナンシャル(“未”財務)要因」として ...

KPMGのプレフィナンシャル・バリュー分析では、従来型のESG要因に対して「外部不経済の内部化」の視点で分析を行います。そこでは、特に社会・環境の非線形の変化を「キードライバー」と定義し、それらによって各ESG要因が企業財務に与えうる「プレフィナンシャル要因」と変化するプロセスを可視化するとともに、中期経営計画等の個別重点戦略項目に与えうるインパクトを定量的に評価します。

 

※詳しくはPDFファイルをご覧ください。
サービス案内(PDF:579kb)

 

KPMGあずさサステナビリティ
TEL:03-3548-5303
sustainability@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。