金融機関向けESG投資運用支援 | KPMG | JP

金融機関向けESG投資運用支援

金融機関向けESG投資運用支援

KPMGあずさサステナビリティでは、金融とESGにおける経験豊富なプロフェッショナルが、グローバルなKPMGのネットワークを活用しながら、各運用機関の業態・ご要望に応じたESG運用の体制構築を強力に支援します。

KPMGあずさサステナビリティでは、金融とESGにおける経験豊富なプロフェッショナルが、グローバルなKPMGのネットワークを活用しながら ...

KPMGあずさサステナビリティの支援の特徴

UN PRIの署名金融機関が求められているESG配慮の枠組み(方針策定・体制構築・情報開示)をベンチマークとしつつ、各金融機関の要望に応じ、金融機関としての受託者責任に反することなく、円滑な運用が可能な水準での取組みを提案します。
特に投資意思決定において重要となる、個別ESG要因の企業財務価値への影響の評価においては、KPMGが開発した「プレフィナンシャルバリュー・メソッド」等を用い、従来企業価値評価においては、外部経済要因と見なされていたESG要因の中から、社会の非線形の変化によって突発的に企業財務に影響を及ぼす要因(プレフィナンシャル・イシュー:未財務要因)を特定し、投資意思決定への有機的な融合を実現します。

 

※詳しくはPDFファイルをご覧ください。
サービス案内(PDF:589kb)

 

KPMGあずさサステナビリティ
TEL:03-3548-5303
sustainability@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。