ソフトウェア資産管理 | KPMG | JP
close
Share with your friends

ソフトウェア資産管理

ソフトウェア資産管理

組織で利用しているソフトウェアとそのライセンスの効率的・効果的な資産管理(Software Asset Management:SAM)実現のための体制構築をサポートします。

組織で利用しているソフトウェアとそのライセンスの効率的・効果的な資産管理(Software Asset Management:SAM)実現のための体制構築をサポートします。

SAMの主な目的として以下の様な点が挙げられます。

  • ITコストの削減:保守契約等の過剰な調達の見直しや、遊休ライセンスの活用により、ITコストの最適化を図る。
  • コンプライアンス遵守:不正コピーやライセンス体系の誤認による ライセンス違反のリスクを回避する。
  • セキュリティ対策強化:禁止ソフトウェアの利用、不適切なバージョンや、 セキュリティパッチ未適用のソフトウェアの利用を防止する。

多くの企業のIT管理の現場では、「SAMを検討したことがあるが、うまく いっていない」、あるいは、「いつか対応しようと思っているが、ついつい先送りになっている」という声を耳にします。一方、経営層は購入したものを管理するのはあたり前で、自社ではうまくいっていないという認識に 至っていないようです。このギャップはなぜ発生するのでしょうか。
一般的な固定資産の管理では、年1回の棚卸しによる在庫数の把握や遊休資産の活用が行われていますが、ソフトウェア資産でも同様に実施できると思いがちです。とりわけ、サーバ機器に導入されるソフトウェアのライセンス料や保守料は高額であることが多いため、適切な管理を行っているに違いないと信じているからです。

内容

  1. SAMの主な目的
  2. SAMはなぜ難しいか
  3. SAMの実現が難しい理由
  4. 効果的なSAMのポイント
  5. KPMGの提供するSAMサービス

 

サービス案内(PDF:237kb)

 

お問合せ
電話番号:03-3548-5773
FAS-Forensic@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信