製品データ改ざんに係る調査・危機対応サービス | KPMG | JP

製品データ改ざんに係る調査・危機対応サービス

製品データ改ざんに係る調査・危機対応サービス

KPMGは製品データの改ざんリスクに関して、予防のための支援の他、発覚時の調査をはじめとする緊急時対応を支援します。

KPMGは製品データの改ざんリスクに関して、予防のための支援の他、発覚時の調査をはじめとする緊急時対応を支援します。

製品説明の表示偽装となる製品データの改ざんが発覚した場合、企業は顧客・社会に対する説明、規制当局・監督官庁への対応、情報開示などの危機対応に追われる他、信用失墜による売上低迷など企業存続にも重大な影響を受けます。

また、説明責任の発揮のために必要な製品データ改ざんの全容の解明には、不正行為の網羅的かつ正確な情報が必要となりますが、調査対象となる製品データは多種多様で大量であるため、関係者のヒアリングのみでその全容を把握することは非常に困難です。したがって、製品や業務の知識だけでなく、デジタルデータ分析の専門的な技術と知識が不可欠といえます。

KPMGは、フォレンジックの専門家を中心に、品質や表示に係る法規制や顧客との品質・性能等に係る契約違反となるような製品データの改ざんリスクに関して、平時の監査をはじめとする予防のための支援の他、発覚時の不正調査をはじめとする緊急時対応の支援サービスを提供しています。


内容

  1. 製品データ改ざんの背景(開発部門の技術者の視点)
  2. 製品データ改ざんの背景(品質管理部門の視点)
  3. 支援に係るサービス事例(製品データ改ざんリスクの評価、関連法令・規程等・契約書のレビュー、電子メールレビュー、製品関連データ分析)


サービス案内(PDF:190kb)

 

お問合せ
TEL:03-3548-5773
FAS-Forensic@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信