CAAT(キャット:コンピュータ利用監査技法)を活用した不正予防・防止体制支援 | KPMG | JP

CAAT(キャット:コンピュータ利用監査技法)を活用した不正予防・防止体制支援

CAAT(キャット:コンピュータ利用監査技法)を活用した不正予防・防止体制支援

不正リスクマネジメントの体制構築支援サービスの一環として、CAATを活用した不正防止体制支援サービスを提供します。

不正リスクマネジメントの体制構築支援サービスの一環として、CAATを活用した不正防止体制支援サービスを提供します。

2008年4月より内部統制報告制度が導入され、企業は膨大な費用と労力を注いで、財務報告に係る内部統制を再整備し、強化してきました。これにより、不正・誤謬に対する統制が強化され、社内の不正が減少することが期待されていました。しかしながら、現在においても、資産横領・情報漏洩をはじめとする不正・不祥事が多くの企業で発生しています。それは、内部統制報告制度で求められる内部統制の目的が財務報告の虚偽記載の防止にあり、不正・不祥事の防止を直接の目的としていないためと考えられます。

内部統制報告制度からもう一歩踏み込み、不正防止の観点から、現在、CAAT(Computer Assisted Audit Techniques:コンピュータ利用監査技法)を活用した取組みが、注目されています。ITの普及により、企業内情報の大部分が電子データとして管理されているため、IT技術を活用することにより、低コストで大量の取引データを自在に分析し、より積極的に不正の兆候を発見することができるようになっています。不正リスクマネジメントの観点による施策は、「予防」・「発見」・「対処」の各段階において多岐にわたるものです。CAATを活用した取引データ分析手法の導入は、一般的に「発見」の施策として位置付けられます。しかしながら、ツールを活用した積極的なモニタリング活動を行っていることを周知することにより心理的な抑止効果を得られることから、「予防」のための施策としても有効に機能することが期待できます。

 

内容

  1. 不正リスクマネジメントにおけるCAATの位置づけ
  2. CAATとは
  3. CAAT活用による不正防止効果

 

サービス案内(PDF:352kb)

 

お問合せ
TEL:03-3548-5773
FAS-Forensic@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。