子会社管理体制再構築支援

子会社管理体制再構築支援

グループ連結経営管理に係るPDCAサイクルの構築、およびその実現の主役である子会社における管理体制の再構築支援を実施します。

グループ連結経営管理に係るPDCAサイクルの構築、及びその実現の主役である子会社における管理体制の再構築支援を実施します。

目まぐるしく変化する経営環境の中においては、企業グループの「ミッション・ビジョン・バリュー」から策定された事業計画に基づき、各グループ企業の進捗状況のモニタリングを行う重要性はますます高まってきています。KPMGでは、グループ連結経営管理に係るPDCAサイクルの構築、及びその実現の主役である子会社における管理体制の再構築支援を実施します。

 

子会社管理に係る主な検討課題

 

業績の評価

  • 事業の成果の尺度として、業績評価の基準を策定する必要があります。
  • 子会社の事業の成果と、その管理者としての成果の2つの側面がある点に留意が必要です。
  • 子会社に対する業績評価基準の数値の向上が、グループ全体の向上につながるように設計する点が重要です。

 

資金繰り

  • 会計上の数値のみでなく、実際の資金の生成過程を分析する必要があります。
  • その算定過程は複雑であることから、(1)算定のタイミング、(2)算定方法(=ルール)、(3)重視する指標を、グループ管理基準として策定することが重要です。

 

財政状態の管理

  • 事業のパフォーマンスをフロー(損益計算書及びキャッシュフロー計算書)だけでなく、ストックベースで分析する必要があります。
  • 特にオフバランス取引の有無等については、慎重に判断することがポイントであり、親会社として適宜適切にモニターする必要があります。

 

上記三つの観点は有機的に関連しており、合わせて改善施策を実行することが、業績管理を適切に行う上で有効と考えられます。

 

子会社管理体制の再構築支援について

KPMGでは、各社の経営ニーズや志向に応じ、現状調査・分析から業務やシステムの設計・運用までの各検討プロセスにおいて子会社管理体制の構築を支援します。

 

お問合せ
KPMGアカウンティングアドバイザリーグループ
info-aas@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。