経理業務の高度化支援

経理業務の高度化支援

経理業務の将来あるべき姿を定義し、企業グループの戦略部門としての機能を備える業務高度化を支援します。

経理業務の将来あるべき姿を定義し、企業グループの戦略部門としての機能を備える業務高度化を支援します。

目まぐるしく変化する経営環境の中における経理部に求められる機能は、企業グループの業績把握を行い利害関係者に報告するといった財務諸表作成目的や経営意思決定に資する会計情報を提供するといった伝統的な目的から、企業グループ全体の経営管理機能を高度化する役割へと進化しています。KPMGは、経理業務の将来あるべき姿を定義し、企業グループの戦略部門としての機能を備えるための業務の高度化を支援します。

 

経理部に求められる機能と役割

 

機能

  • 経営戦略:グループミッション・ビジョン・バリューから導き出されたグループの経営戦略及びそれを体現し事業計画
  • 経理機能:連結グループ及びその子会社における計数管理を実現する組織、体制
  • インフラ:上記をささえるルール、業務及びシステム等のインフラストラクチャー

 

上記三つの観点は有機的に関連しており、合わせて機能することにより適切な業績管理が可能になります。

 

役割

伝統的な財務諸表作成や経営意思決定に資する会計情報の提供といった「過去情報作成」という役割に加えて、事業計画の策定、将来の業績予想数値の提供といった「将来情報の作成」という役割とを有することにより、単なる管理間接部門から脱却し、グループ経営管理高度化を推進する機能を有した経営戦略推進の一翼を担うことが求められます。

 

経理業務の高度化支援サービスについて

各経理機能に資する会計情報を、経営に役立てるためにより的確かつ適時に提供する事が重要です。KPMGは、既存の業務の分析、各社の経営ニーズや志向に応じた改善施策検討、業務やシステムの設計・運用に渡り支援サービスを提供します。

 

お問合せ
KPMGアカウンティングアドバイザリーグループ
info-aas@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。