調達・物流改革 | KPMG | JP

調達・物流改革

調達・物流改革

企業の調達・物流活動における最適化を支援します。

企業の調達・物流活動における最適化を支援します。

日本企業の調達業務はグローバルに展開され、ますます複雑化しています。物流に関してはさらなる国内物流の高度化に加え、海外における物流や流通機能の確保などバリューチェーンにおける物流領域における進出や投資が活発化しており、規制や税務などの知見も含めたノウハウ確立は企業の収益力強化の必須課題となっています。さらに近年は、コスト、品質、納期といった課題に加え、震災などで露呈されたサプライチェーン全般におけるリスク管理も重視されるようになってきており、調達・物流担当者が考えるべき課題は拡大するばかりです。

KPMGは、グローバルに広がる156ヵ国におよぶ拠点の会計、税務、ビジネスのプロフェッショナルと強固に連携しながら、企業の調達・物流活動における最適化の支援をします。


サービス内容

  • サプライチェーンの全体設計
  • 調達/購買機能の強化・再配置
  • 仕入先管理手法の改革
  • BCPを踏まえたプロセス・拠点・在庫の最適化
  • 物流センターの統廃合
  • 物流センター倉庫内業務の効率化
  • 配送コスト削減

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信