財務(フィナンシャル)リストラクチャリング | KPMG | JP

財務(フィナンシャル)リストラクチャリング

財務(フィナンシャル)リストラクチャリング

多くの企業・事業再生支援の経験と実績を基に、ステークホルダーへの透明性・衡平性を確保するフィナンシャルリストラクチャリング戦略の策定、実行を支援します。

多くの企業・事業再生支援の経験と実績を基に、ステークホルダーへの透明性・衡平性を確保するフィナンシャルリストラクチャリング戦略の策定、実行を支援します。

金融機関における過剰な不良債権の処理が日本経済にとって深刻な課題であった1990年代後半以降、多くの企業/事業の再生支援に携わってきたKPMGでは、フィナンシャル・リストラクチャリング(企業における財務適正化・改善)に関する豊富な経験とノウハウを有しています。財務適正化・改善を図るにあたっては、ステークホルダーとの利害調整がしばしば必要になります。そのような場合には、手続の透明性(利害関係者に手続に関する情報が開示されているか)・衡平性(利害関係者が衡平に扱われているか)をいかに担保していくかということが極めて重要です。KPMGは、公認会計士を始め様々な専門知識を有するプロフェッショナルが企業の財務状況を詳細に分析し、信頼性が高く客観的な事実を積上げていくことによって、フィナンシャル・リストラクチャリングにあたっての透明性・衡平性の確保を支援しています。また、そのような経験・実績を活かして、企業のフィナンシャル・リストラクチャリング戦略についてのアドバイスも提供しています。

内容

  1. 予備調査
  2. 資金繰り/運転資金管理
  3. 客観性の高い事業計画/資金計画の立案
  4. 価値評価/価格分析
  5. 不良・不要事業/資産売却
  6. 財務戦略・資金調達手段に関わるアドバイス
  7. 利害関係者との交渉支援
  8. 代替案の立案

サービス案内(PDF:567kb)

お問合せ
fasmktg@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信