事業撤退サポート | KPMG | JP

事業撤退サポート

事業撤退サポート

事業撤退を検討している企業に対し、調査、計画、実行の各フェーズで幅広いサービスを提供します。

事業撤退を検討している企業に対し、調査、計画、実行の各フェーズで幅広いサービスを提供します。

「経済のグローバル化」による外部環境変化、企業サイドでの「選択と集中」や「連結経営の徹底」を受け、本邦企業による事業リストラクチャリングの必要性も増しています。中でもある事業や国・地域からの撤退は、従業員・取引先・顧客・行政・合弁先など多くの利害関係者を巻き込み、複雑で難易度の高いリストラクチャリング手法の一つです。従って、頻度もそれほど高くなく、新たな事業展開・進出に比べると、知識やノウハウ、経験がそれほど社内に蓄積していないのが一般的です。また、撤退は損失を確定させる行為でもあるため、社内での責任明確化・追及につながり、速やかな意思決定が難しく、意思決定したとしても実行部隊の士気は上がりません。しかし、迅速な事業撤退により損失を最小化することは、黒字を伸ばすことと同様、大変重要です。限られた経営資源の再配分という側面もあり、黒字事業の強化にもつながります。

KPMGは、対象事業について事業・財務戦略面からの検討を行うとともに、KPMG のグローバルネットワークを活用して現地諸制度・慣行等の調査を行い、事業撤退をサポートするサービスを提供します。外部の財務アドバイザーとして、社内に不足しがちな知識、ノウハウを補うとともに、客観的な分析・調査を通して、社内の迅速な意思決定を促します。また、豊富なM&A やプロジェクトマネジメントのアドバイザリー経験を活用し、事業撤退を効果的かつ効率的に進めることができるようにサポートします。

内容

  1. 事業撤退検討の契機
  2. 事業撤退のプロセス
  3. 調査フェーズ
  4. 計画フェーズ
  5. 実行フェーズ

サービス案内(PDF:380kb)

お問合せ
fasmktg@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。