経営不振企業・事業(ディストレス)のM&Aアドバイザリー | KPMG | JP

経営不振企業・事業(ディストレス)のM&Aアドバイザリー

経営不振企業・事業(ディストレス)のM&Aアドバイザリー

M&Aアドバイザーとしての豊富な経験と、企業・事業再生支援等で培ったノウハウを活かし、中立性のある適確なアドバイザリーサービスを提供します。

M&Aアドバイザーとしての豊富な経験と、企業・事業再生支援等で培ったノウハウを活かし、中立性のある適確なアドバイザリーサービスを提供します。

経営不振企業・事業を対象にしたM&Aは、企業(事業)再生の手法として重要な位置を占めています。経営不振企業・事業が、事業自体には価値があり、買収側企業から見ても魅力ある場合は珍しくありません。一方、経営不振企業から見ると、当該企業単独での再建は容易でないものの、新たな資本や経営資源を得ることができるならば、再建の確実を期すことができる場合は数多く、再生手法としてM&Aを活用することには大きな意味があります。KPMGは、M&Aの戦略策定から実行実務に至る全般的な「M&Aアドバイザリーサービス」、そして、企業(事業)再生支援や法的整理サポートといった債務整理に関連する「フィナンシャル・リストラクチャリングサービス」の双方を提供しており、いずれにおいても数多くの事例に携わってきました。 経営不振企業・事業M&Aでも、これらで培ってきた豊富な経験とノウハウを生かし、中立性を保ちながら、「買収側企業」、「経営不振企業側」、「債権者側」、「管財人側」の各々の立場に基づいたサポートは利害関係人の間で高い評価を得ています。

内容

  1. 経営不振企業・事業M&Aの特色、手法、類型
  2. 経営不振企業・事業M&Aに係るサポート

サービス案内(PDF:333kb)

お問合せ
fasmktg@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。