バリューチェーン統合 | KPMG | JP
close
Share with your friends

バリューチェーン統合

バリューチェーン統合

買収後のバリューチェーン統合で最大の効果を上げるため、ディールの各段階で適切なソリューションを提供します。

買収後のバリューチェーン統合で最大の効果を上げるため、ディールの各段階で適切なソリューションを提供します。

企業はM&Aを用いることで、新たな競争力の源泉(技術、製品、チャネルなど)を自社のバリューチェーン上に得ることができます。一方で、一時的な経営資源(拠点、設備、人的資源など)の重複をもたらすこともあります。M&Aの目的たる「統合後の企業価値向上」を実現するためには、いったん複雑化したバリューチェーンを再編し、効率的に運営するためのマネジメント体系を整備する必要があります。

KPMGは、デューデリジェンスと並行して、成長戦略に基づいた統合後のバリューチェーンのビジョンを固める(Value Chain Visioning)ことを推奨します。そして、買収契約締結からクロージングまでの期間で、ビジョンをさらに掘り下げ、統合後のバリューチェーンのあるべき姿とそれを実現するまでのロードマップを明らかにします(Value Chain Planning)。この結果をもとに、統合プロジェクトチームを組成し、実際の統合作業を進めていきます(Value Chain Reorganization)。

KPMGでは、それぞれのフェーズでお客様の状況に合わせてプロフェッショナルを配置し、ポストディールのバリューチェーン統合に向けた取組みをサポートします。

 

  • バリューチェーンのあるべき姿、設計の視点
  • KPMGの個別ソリューション
  • オペレーションクイック診断

 

サービス案内(PDF:257kb)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信