バリュエーション(取引目的・会計目的) | KPMG | JP
close
Share with your friends

バリュエーション(取引目的・会計目的)

バリュエーション(取引目的・会計目的)

M&Aや組織再編における各種バリュエーション、また、買収後のPPAや減損テストに関連した有形・無形資産の評価サービスを提供します。

M&Aや組織再編における各種バリュエーション、また、買収後のPPAや減損テストに関連した有形・無形資産の評価サービスを提供します。

「価値」と「価格」。M&Aの成否は、財務的にはこの2つの関係によって評価されます。M&Aにおける典型的な失敗は、「事業の適正価値に対してそれよりも高い価格を支払った場合」と、「適正価格で取得した事業の価値がその後、減少してしまった場合」に発生します。前者はバリュエーション(価値評価)の問題、後者は買収後の経営/統合の問題ということができます。一部の統計によれば、M&Aの7割前後は追加的な価値の創出に結びついておらず、財務的にはM&Aの成功は容易ではありません。

KPMGでは、企業や事業の適正価値の評価という非常に重要な課題に対して、各種のバリュエーションサービスを提供しています。

 

  • M&A、組織再編における価値評価、統合比率算定
  • フェアネスオピニオン
  • 財務会計目的での価値評価(PPA・減損テスト)
  • 無形資産評価
  • 有形資産評価
  • ファイナンシング(増資等)における価値評価
  • 税務プランニングのための価値評価
  • 訴訟事件・非訟事件目的の価値評価
  • 種類株式・転換社債・新株予約権の評価/条件付対価・投資付帯条項の評価
  • 事業計画の検討/財務モデル作成支援
  • M&Aにおけるシナジー価値の分析・評価
  • シナリオ・センシティビティ分析
  • 価格交渉支援

 

サービス案内(PDF:162kb)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信