統合支援(PMI)アドバイザリー | KPMG | JP
close
Share with your friends

統合支援(PMI)アドバイザリー

統合支援(PMI)アドバイザリー

投資後の統合プロセスでの難所を予測しながら、想定されるリスクの最小化と期待される効果の早期実現をサポートします。

投資後の統合プロセスでの難所を予測しながら、想定されるリスクの最小化と期待される効果の早期実現をサポートします。

M&Aは、投資をしただけではその目的を達成したとは言えません。投資の果実(リターン)を確実に刈り取れるかが成否を分けます。このリターンを得るための仕組み作りが、投資後の最も重要な作業(統合業務: Post Merger Integration, PMI)です。事前に描いたM&A戦略を絵に描いた餅にしないよう、着実な取り組みが求められます。

統合業務を遂行するのは容易なことではありません。統合を検討する領域は、経理・人事といったコーポレート機能だけでなく、製造・販売といった事業機能に至るまで、多岐にわたります。M&Aの効果を最大化し、かつリスクを最小化するには、何をどこまで統合すれば良いのか、慎重な検討が必要となります。

KPMGは、これまで様々な形態の数多くのM&A/PMIプロジェクトで培った経験に基づき、統合プロセスにおける難所・勘所を予測しながら、ポストディールにおける統合チームを包括的に支援します。

 

 

サービス案内(PDF:192kb)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信