買収後のリスク診断支援 | KPMG | JP
close
Share with your friends

買収後のリスク診断支援

買収後のリスク診断支援

M&A実行に伴うリスクをいかに「早期」発見し、コントロールしていくべきかのソリューションを提供します。

M&A実行に伴うリスクをいかに「早期」発見し、コントロールしていくべきかのソリューションを提供します。

M&A失敗の要因のひとつとして、買収時に対象会社および事業のリスクを適切・適時に検出できなかった、またリスクを把握していたにもかかわらず放置してしまったために、買収後にリスクが実現してしまったなどが挙げられます。

買収案件においては、デューデリジェンス(DD)の開始段階から「リスク・トラッカー」を活用し、DDチームとPMIチームが連携をとり、M&A契約締結時において特定できていないリスクを可視化、共有することが肝心です。契約締結後は、速やかに適切な対応策を実施することで、買収した会社におけるリスクの顕在化を適切に回避、最小化させることができます。

KPMGは、M&Aの契約締結前後の開示情報量・質を踏まえて、減損や不正など、M&A実行に伴うリスクをどのように「早期」に発見し、コントロールしていくべきかのソリューションを提供します。

 

サービス案内(PDF:205kb)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信