バリュエーション(企業価値評価)・PPA

バリュエーション(企業価値評価)・PPA

企業や事業の適正価値評価に対し、各種バリュエーションサービスを提供します。

企業や事業の適正価値評価に対し、各種バリュエーションサービスを提供します。

経営戦略の重要な選択肢となっているM&Aや組織再編において、第三者の観点から各種バリュエーション(価値評価)を提供し、クライアントの意思決定をサポートします。また、買収後に求められる会計処理についてはPPA(Purchase Price Allocation)や無形資産評価の面で評価サービスを提供します。

「価値」と「価格」。M&Aの成否は、財務的にはこの2つの関係によって評価されます。買収において、典型的な失敗は、「事業の適正価値に対してそれよりも高い価格を支払った場合」と、「適正価格で取得した事業の価値がその後、減少してしまった場合」に発生します。前者はバリュエーション(価値評価)の問題、後者は買収後の経営/統合の問題ということができます。一部の統計によれば、M&Aの7割前後は追加的な価値の創出に結びついておらず、財務的にはM&Aの成功は容易ではありません。KPMGでは、企業や事業の適正価値の評価という非常に重要な課題に対して、各種のバリュエーションサービスを提供しています。

内容

  1. M&A、組織再編における価値評価、統合比率算定
  2. フェアネスオピニオン
  3. PPA/無形資産評価
  4. 有形資産評価
  5. 優先株式・新株予約権の評価
  6. プライシングならびに事業計画の検討/財務モデル作成支援

サービス案内(PDF:366kb)

お問合せ
fasmktg@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

インサイト

インサイト

ニューズレターや最新情報など、企業経営に役立つ付加価値のある情報を提供しています。KPMGが執筆または翻訳した出版物も掲載しています。