投資価値の検討における事業計画/財務モデル作成支援サービス | KPMG | JP

投資価値の検討における事業計画/財務モデル作成支援サービス

投資価値の検討における事業計画/財務モデル作成支援サービス

M&Aにおける買収対象会社の投資価値の検討にあたり、対象会社事業計画、買収後事業計画および財務モデルの検討・作成に係るサポートサービスを提供します。

M&Aにおける買収対象会社の投資価値の検討にあたり、対象会社事業計画、買収後事業計画および財務モデルの検討・作成に係るサポートサービスを提供します。

M&Aにおける買収価格の検討においては、いわゆる公正(市場)価値(Fair Market Value)に加えて、買収者にとっての投資価値(Investment Value)の分析が重要になります。投資価値の検討においては、買い手にとっての投資価値の把握が主たる目的となりますので、その分析の基礎となる事業計画を買い手の視点から検討し、合理的かつ実現可能なものとして修正または作成していくことが必要です。買い手にとっての投資価値の検討にあたり、KPMGでは、対象会社より提出される事業計画を検討するだけでなく、必要に応じて買い手企業の視点に基づく対象会社事業計画の作成やシナジー分析、財務モデルの作成に関する支援サービスを提供します。同時にこうした事業計画や財務モデルを用いて、シナリオ分析やセンシティビティ分析を行うことで、買い手の意思決定を広範にサポートするサービスを提供します。

内容

  1. 対象会社のバリュードライバーの特定と事業計画の検証支援
  2. 事業改善施策の効果の定量化と事業計画への反映
  3. シナジー効果の検討支援
  4. シナジー効果の定量化と事業計画への反映
  5. 取引ストラクチャ―、資金調達方法等の影響の事業計画への反映
  6. シナリオ分析およびセンシティビティ分析の支援

サービス案内(PDF:830kb)

お問合せ
fasmktg@jp.kpmg.com

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信