KPMGシンガポールが業界初ブロックチェーンベースのロイヤリティ・プログラム「デジタル・ウォレット」の開発支援 | KPMG | JP
close
Share with your friends

KPMGシンガポールが業界初のブロックチェーンベースのロイヤリティ・プログラム、「デジタル・ウォレット」の開発を支援

KPMGシンガポールが業界初ブロックチェーンベースのロイヤリティ・プログラム「デジタル・ウォレット」の開発支援

KPMGシンガポールは、シンガポール航空およびMicrosoftとともに、ブロックチェーン技術を活用した業界初の「デジタル・ウォレット」を共同で開発してきました。シンガポール航空では、2018年2月に概念実証の開発を成功させていますが、今回はそれに続き、新たにデジタル・ウォレット、クリスペイのリリースを発表しました。

関連するコンテンツ

このクリスペイによって、シンガポール航空のクリスフライヤーの会員は、「クリスフライヤーマイル」を参加企業で使用可能な「クリスペイ・トークン」に瞬時に交換することができます。クリスペイは、シンガポール航空の顧客にとってクリスフライヤーアカウントを利用してマイレージを使用することを容易にするだけでなく、シンガポール航空にとってもブロックチェーン技術を用いることによって新たなパートナーを迎え入れるとともに、支払いの照合を行うことが可能になります。

「クリスペイは、ブロックチェーンを基盤とするデジタル・ウォレットを使用することによって、参加企業がプログラムとつながること、顧客がトークン化されたマイレージで購入することを容易にするプロセスです。ブロックチェーンは、リアルタイムで全ての顧客取引の取引時間が付された分散台帳を提供するため、コストや時間の効率化に大きく寄与します。」、とKPMGシンガポールのデジタル・ビレッジ所長、ジャン・ラインミューラーは語っています。

KPMGデジタル・ビレッジチームは、この革新的なクリスペイのブロックチェーンの仕様を満たすことを支援するため、ソリューションの設計、アプリケーション開発、グラフィック・デザインおよびサイバー・セキュリティにおける広範な経験に基づく知見を提供しました。

KPMGの分散台帳サービスのグローバルリーダーであるアテイフ・ザイムは、次のように語っています。「シンガポール航空と行ったこの革新的な業務は、世界中のKPMGの専門家が広範な業種においてブロックチェーンのソリューションを開発する際に実行している事業価値のアプローチを反映したものです。私たちは、ブロックチェーン技術を用いて顧客企業に対して真の価値をもたらすことに常に注力しています。」

Microsoftシンガポール支社の企業商業部長アンドリアス・オートラ氏は、「クリスペイは、ブロックチェーンが顧客やパートナー企業に対して新たな経験を創出することができることを示しています。Microsoftのブロックチェーン技術とMicrosoft Azureは、KPMGのイノベーションや経験とともにクリスペイを展開し、顧客価値を高めることに大きく寄与しました。」と語っています。

KPMGインターナショナルについて

KPMGは、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークです。世界154ヶ国のメンバーファームに約200,000名のプロフェッショナルを擁し、サービスを提供しています。KPMGネットワークに属する独立した個々のメンバーファームは、スイスの組織体であるKPMG International Cooperative(“KPMG International”)に加盟しています。KPMGの各メンバーファームは法律上独立した別の組織体です。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信