「KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2018」の結果報告 | KPMG | JP
close
Share with your friends

「KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2018」の結果報告

「KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2018」の結果報告

KPMGジャパン(チェアマン:高橋 勉)特別協賛による、「KPMGカップ ブラインドサッカークラブチーム選手権2018」が3月3日、4日に神奈川県川崎市にある富士通スタジアム川崎にて行われ、精鋭チームが熱戦を繰り広げました。

関連するコンテンツ

本大会は、北日本・東日本・中日本・西日本の各地域リーグを勝ち抜いてきた7チームと、韓国から招聘したクラブチーム「ソリル チャヌン サラン ドゥル」の計8チームが、2日間にわたり頂点を競いました。決勝戦では、東日本リーグ第1位のAvanzareつくばと北日本リーグ第1位のナマーラ北海道が対戦した結果、Avanzareつくばが1-0で優勝、準優勝はナマーラ北海道、3位は埼玉T.Wingsとなりました。

初日に行われた開会式には、日本ブラインドサッカー協会の釜本美佐子代表理事、福田紀彦川崎市長、酒井弘行KPMGジャパンCEO兼あずさ監査法人理事長が列席し、各チームへエールを送りました。

また、会場内ではブラインドサッカー協会主催の下、KPMGジャパンブースで感覚と想像力によるクイズ、川崎フロンターレによるキックターゲット、アメフトボールを投げるQBチャレンジ、フェイス&ボディペインティング、チーム等々力によるものづくり体験、おもてなし介助技術体験、ブラインドサッカー体験、スタンプラリーなどが開催され、訪れた観客が一体となって楽しめるイベントが開催されました。隣接するコートではKPMGジャパン職員によるフットサル大会を開催し、約350名の職員や家族が参加しました。

KPMGジャパンでは、社内の有志がプロフェッショナルとしてのスキルを活用し、日本ブラインドサッカー協会の内部統制をプロボノでアドバイスしています。今後も、同協会が掲げている「ブラインドサッカーを通じて、視覚障がい者と健常者が当たり前に混ざり合う社会を実現すること」というビジョンに賛同し、ブラインドサッカー競技を支援してまいります。

大会概要

大会名 KPMGブラインドサッカークラブチーム選手権2018
主催 特定非営利活動法人 日本ブラインドサッカー協会
大会日程 2018年3月3日(土)・4日(日)
参加チーム 全国を北日本・東日本・中日本・西日本の4ブロックに分けて行われてきた「地域リーグ」を勝ち抜いた強豪チームと海外招聘クラブチームの計8チーム:
ナマ - ラ北海道(北日本リーグ第1位)/Avanzareつくば(東日本リーグ第1位)/埼玉T.Wings(東日本リーグ第2位)/たまハッサーズ(東日本リーグ第3位)/山梨キッカーズ(中日本リーグ第1位)/LEO STYLE北九州(西日本リーグ第1位)/兵庫サムライスターズ(西日本リーグ第2位)/海外招聘クラブチーム:ソリル チャヌン サラン ドゥル(韓国)
会場 富士通スタジアム川崎
〒210-0011 神奈川県川崎市川崎区富士見2-1-9
入場料 無料
詳細 ブラインドサッカー協会ウェブサイト

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信