2017年ダボス会議およびWEFLIVEの公開について | KPMG | JP

2017年ダボス会議およびWEFLIVEの公開について

2017年ダボス会議およびWEFLIVEの公開について

2017年1月17日(火)~20日(金)まで、スイスのダボスで行われる世界経済フォーラム(World Economic Forum、以下WEF)の年次総会に、本年もKPMGインターナショナル チェアマンのジョン・ビーマイヤーをはじめ、約30名のKPMGのグローバルリーダーたちが参加しますので、お知らせします。

関連するコンテンツ

WEFは、世界の企業経営者、政治家、大学教授など、社会を先導するリーダーたちが、現在世界が抱えている様々なアジェンダを取り上げ、その改善について取り組んでいるスイスの国際機関です。

通称「ダボス会議」と呼ばれている年次総会は、企業経営者、各国の政治家や大学教授などのトップリーダーたちが一堂に会して世界的な課題について議論する場となっており、本年度は「Responsive and Responsible Leadership」が主要テーマになっています。

KPMGでは6年前から「WEFLIVE(https://www.weflive.com/)」を開設し、ダボス会議の参加者の声(ツイート)を集約するサイトとして好評を得ています。ダボス会議の最新情報については、是非こちらのWEFLIVEをご覧ください。

ダボス2017におけるKPMGの活動について

本年のダボス会議におけるKPMGの活動や、チェアマンのジョン・ビーマイヤーをはじめとした参加者による現地からのビデオメッセージは、こちらからご覧いただけます。

KPMGインターナショナルについて

KPMGは、監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークです。世界152ヶ国のメンバーファームに189,000名のプロフェッショナルを擁し、サービスを提供しています。KPMGネットワークに属する独立した個々のメンバーファームは、スイスの組織体であるKPMG International Cooperative(“KPMG International”)に加盟しています。KPMGの各メンバーファームは法律上独立した別の組織体です。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信