経理・財務部門向けの「会計オンコール・サービス」と「オンサイト・トレーニングサービス」の開始について | KPMG | JP

経理・財務部門向けの「会計オンコール・サービス」と「オンサイト・トレーニングサービス」の開始について

経理・財務部門向けの「会計オンコール・サービス」と「オンサイト・トレーニングサービス」の開始について

有限責任 あずさ監査法人(本部:東京都新宿区、理事長:内山英世)は、企業の経理・財務部門のマネジメント活動のための有用な会計情報の提供と人材育成をサポートするため、「会計オンコール・サービス」と「オンサイト・トレーニングサービス」という2つのサービスを2013年9月より開始しましたので、お知らせします。

関連するコンテンツ

企業の経理財務部門には、マネジメント活動に資する有用な会計情報を提供することが求められますが、企業のグローバル化が進む中、M&Aや事業領域拡大などに関連する複雑な会計処理判断を適確かつ迅速に行う必要性がこれまで以上に高まっています。
さらにそのような環境の中で、経理財務部門の人材育成は、企業戦略の成否に大きく影響する課題のひとつとなっています。
あずさ監査法人では、これらの企業ニーズを受け、アカウンティングアドバイザリーサービス体制を強化し、「会計オンコール・サービス」と「オンサイト・トレーニングサービス」の展開を本格的に開始しました。

会計オンコール・サービス

会計・財務・税務・M&Aなどの専門家が、豊富な助言実績をもとに、基準の解釈や会計処理の検討などに関する個別の疑問や相談を電話やメールで受け付け、回答します。
定額制の相談サービスと、特定の案件に関して詳細調査や分析を行い、報告書を提出するサービスの2種類を用意しており、会社ごとの担当会計士が、企業が抱えている課題に対してタイムリーに対応します。

オンサイト・トレーニングサービス

新しい会計基準の理解・習得をはじめ、業界固有の取引や複雑な業務プロセス上の会計判断など、経理・財務部門ではより専門化する知識に対応可能な人材の育成が求められています。このサービスでは、各業界の実務に精通した会計の専門家が講師となり、現在不足している知識やスキルの習得を目指し、各社のニーズに応じた研修を立案・実施します。また、監査やアドバイザリー業務の経験を通じて蓄積された様々な実務事例を紹介しながら、単なる理論だけでなく実践に近い内容の研修を提供します。

「会計オンコール・サービス」と「オンサイト・トレーニングサービス」の概要

サービス開始日:2013年9月1日

責任者:
アカウンティングアドバイザリーサービス事業部長/パートナー 宮原 正弘

問い合わせ先:
【東京】
東京都千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティサウスタワー
TEL: 03-3548-5120  FAX: 03-3548-5113
【大阪】
TEL: 06-7731-1300  FAX: 06-7731-1311
【名古屋】
TEL: 052-589-0500  FAX: 052-589-0510

会計オンコール・サービス

会計・財務・税務等の各領域に係る会計処理の判断に資するべく、以下のサービスを提供。

  • 想定される会計処理と根拠および許容される会計処理の選択肢検討、他社の実務対応状況調査
  • 想定される会計上・税務上の影響分析
  • 海外を含む他社の開示事例調査
  • 諸外国の会計基準・会計制度の内容調査
  • 新会計基準や基準改訂への対応に関する助言


オンサイト・トレーニングサービス

  • 経理財務部門が置かれた環境、経理財務部門のキャリアパスモデル、必要とされるナレッジおよびスキルに応じた研修カリキュラムを、要望に応じて立案、提供。また、経理財務人材だけでなく、マネジメントレベルや工場・営業拠点、子会社の経理担当者など、さまざまな職制の方を対象とした研修を提供。
  • 実施時期や回数、タイムスケジュールや確認テストの有無など、ニーズに応じたカスタマイズを実施。
  • KPMGジャパングループにおける会計、税務、IT等の様々な専門家が、他社事例の紹介、演習、ディスカッションなどを組み合わせた研修プログラムを作成。
  • 監査やアドバイザリーを通じて蓄積したさまざまな企業の実務例を紹介し、理論だけでなく、実践に近い研修を提供。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信