アドバイザリーサービス体制の再編について | KPMG | JP

アドバイザリーサービス体制の再編について

アドバイザリーサービス体制の再編について

有限責任 あずさ監査法人、およびKPMGジャパン(本部:東京都新宿区)は、このたびアドバイザリーサービスに対する市場ニーズに的確に対応していくために、アドバイザリーサービス体制の再編を行い、組織体制を強化しましたのでお知らせします。

関連するコンテンツ

あずさ監査法人は、4月1日付けで東京事務所のIFRS事業部とビジネス・アドバイザリー事業部のトランザクション・リストラクチャリング サービスグループを統合し、新たに「アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部」(以下AAS事業部)を設置します。この背景は、複雑化する会計基準への対応、企業のグローバル化に伴うグループ全体での決算期統一・決算の早期化、グローバル勘定科目の策定、原価計算制度や棚卸管理の見直しといった経理・財務部門の効率化・高度化に関わるアドバイザリー業務への需要に対応するとともに、IFRS関連のアドバイザリー業務をその周辺業務も含めより強化していくことがあげられます。
IFRSや日本・米国基準の会計アドバイザリーサービスや海外上場支援サービス、経理部門・財務部門向けのアドバイザリーサービス、ならびにトランザクション・リストラクチャリングサービスは、相互に関連する分野が多いことからプロフェッショナルサービスのスキルや知識の共有、人材育成においてもシナジー効果を期待しています。

また、あずさ監査法人の100%子会社として「KPMGビジネスアドバイザリー株式会社」を新たに設立し、あずさ監査法人のビジネス・アドバイザリー事業部のリスクアドバイザリーサービス業務を同社に移管し、リスクアドバイザリーサービスの一層の拡大を図ってまいります。
この組織再編により、KPMGがアドバイザリー分野でグローバルに推進している3つのサービスラインである1.内部統制や内部監査を中心とするリスクコンサルティングは、KPMGビジネスアドバイザリー株式会社が、2.M&Aや事業再生を中心とするトランザクション&リストラクチャリングは、株式会社KPMG FASが、3.ITアドバイザリーを含む企業戦略支援を中心とするマネジメントコンサルティングは、KPMGマネジメントコンサルティング株式会社、および株式会社KPMG BPAが所管する体制となります。

あずさ監査法人AAS事業部、およびKPMGジャパンのグループ各社は、複雑化する企業の経営課題に対し緊密に連携しながら統合的なアドバイザリーサービスを提供してまいります。

あずさ監査法人 アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部

所在地 東京都千代田区大手町1丁目7番2号 東京サンケイビル
事業部長 宮原 正弘

 

主な提供サービス

アカウンティング・アンド・ストラテジー:IFRS関連アドバイザリー、日本基準および米国会計基準アドバイザリー、海外上場支援、海外進出支援、公正価値評価支援、経理人材教育・派遣等。

ビジネス・トランスフォメーション:グループ経営管理高度化、業績評価制度・指標構築・見直し、決算期統一・決算早期化、原価計算制度構築、ITシステム選定・業務要件定義、統合開示支援等。

トランザクション・アンド・リストラクチャリング:財務デューデリジェンス、ITデューデリジェンス、企業再生戦略・計画立案支援、企業再生計画実行支援等。

KPMGビジネスアドバイザリー株式会社

本社 東京都千代田区大手町1丁目7番2号 東京サンケイビル
代表取締役 高橋 征也、小見門 恵

 

主な提供サービス

ガバナンス・リスクマネジメント・コンプライアンス関連支援、内部監査関連支援、ITガバナンス関連支援、プロジェクトマネジメント関連支援、情報セキュリティ関連支援、事業継続マネジメント関連支援、CSR報告・マネジメント関連支援、経営管理態勢改善支援、業務プロセス改善支援、組織・人材マネジメント関連支援

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信