事業継続マネジメントサーベイ2012の結果について | KPMG | JP

事業継続マネジメントサーベイ2012の結果について

事業継続マネジメントサーベイ2012の結果について

有限責任 あずさ監査法人(本部:東京都新宿区、理事長:内山英世)とKPMGビジネスアドバイザリー株式会社(所在地:東京千代田区、代表取締役:高橋征也、小見門恵)は、この度、事業継続マネジメント(Business Continuity Management 以下、BCM)に関するサーベイを実施し、その結果をとりまとめましたので、お知らせします。

関連するコンテンツ

あずさ監査法人とKPMGビジネスアドバイザリーでは、事業継続マネジメントに関わる動向や課題を明らかにし、各企業においてより効果的かつ効率的なBCMを整備、運用するための情報を提供することを目的に、2002年より隔年で「事業継続マネジメントサーベイ」を実施してまいりました。

前回調査の後、東日本大震災が発生し、帰宅困難者の発生、計画停電、電池や飲料水の供給不足など、地震による直接の被災を受けていない地域であっても、日常生活や企業活動において、多くの人々が様々な影響を受けました。また、台風、集中豪雨などの災害も各地で発生するなど、この2年間は実体験をもって改めて事業継続の重要性や必要性を考える機会が多発しました。

上記のような状況をふまえ、企国内企業を対象としたBCMの対応状況について第6回目となる調査を実施しました。今回明らかになった主な点は以下のとおりです。

多くの企業でBCMへの取組みが浸透

  • BCP策定済み企業の割合は、サーベイ実施の都度、徐々に増加している。BCPを「策定済み」と回答した企業は、全体で、前回調査の64%から77%に増加した。
  • また、売上高100億円未満の中小企業においてBCPを「策定済み」と回答した企業が、前回調査の30%から51%と、大幅に増加している。

東日本大震災による広範な企業への影響

  • 事業中断を経験した企業のうち、地震被害を原因とした中断は、91%に上った。
  • 事業中断を経験している企業の51%が、事業中断から復旧するまで1週間以上の月日を要した。
  • 事業中断による損失額が5億円以上と回答した企業は23%と、前回調査の4%から大幅に増加した。

事業中断の経験を通じた事業継続の取組み強化の動き

  • 各企業におけるBCP策定や見直し等への取組みは、大規模災害や事業中断等を実際に経験することで強化される傾向にある。BCPの策定理由として、「過去に事業中断を経験したため」、「他社等の事業中断で必要性を感じたため」と回答した企業の割合が23%と、前回調査の12%から増加した。
  • 2012年度に重点的に取り組む活動内容として、「BCPの訓練」、「全社的な推進体制の整備」、「BCPの内容の周知(教育・研修等)」、「既存BCPの見直し」が上位を占めているだけでなく、それぞれの回答企業の割合はいずれも前回調査時よりも増加している。また、「BCPの新規策定」と回答した企業も23%を占めている。

災害備蓄および従業員の残留・帰宅・出社支援策強化の動き

  • 東日本大震災の経験を通じて発見された課題、および見直しを行った内容として、過半数以上の企業が、「緊急時の対応体制・役割(体制・役割分担が不明等)」、「安否確認」、「従業員の残留・帰宅・出社支援」、「災害備蓄品(飲食料、毛布、笛、軍手等)」と回答している。
  • 食糧を備蓄していない企業の割合は45%から21%に減少していることから、震災後、非常用食糧の備蓄を新たに開始した企業が増加したと考えられる。
  • 食糧の備蓄について、7食以上の備蓄を行っていると回答した企業の割合は19%から29%に増加しており、これまで備蓄していた企業であっても、備蓄量を増加させている傾向にある。また、飲料水の備蓄についても、食糧備蓄とほぼ同様の増加傾向にある。

BCMの実効性を向上させるための対策は今後の課題

  • 過去に実施したことのあるBCPの訓練について、多くの企業が安否確認や緊急対策本部の立ち上げ訓練を実施したと回答した。
  • 事業中断等を想定した場合の「代替手順を用いた業務実施訓練」や「バックアップシステムへの切替訓練」等、実地的な訓練を実施している企業の回答割合はそれぞれ13%、20%と非常に少なく、BCMの実効性を向上させるための訓練実施については、今後の課題と考えられる。

【調査概要】

調査対象
4,897社(国内の上場企業および売上高500億円以上の未上場企業の総務部門長)
調査方法
郵送による質問票送付形式
有効回答総数 383社
有効回答率 7.8%
調査期間 2012年7月20日~2012年8月31日
経年比較 2006年以降にKPMGが実施した「事業継続マネジメント(BCM)サーベイ」との比較

リスクコンサルティング

リスクコンサルティング

KPMGでは、リスクマネジメント・コンプライアンス・内部統制・内部監査・情報セキュリティ・人事マネジメント等に関する取組みの支援で得られた実務ノウハウを活用し、各企業に最適なグローバル・グループマネジメントの実現を支援します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信