エネルギー関連サービス体制の強化について | KPMG | JP

エネルギー関連サービス体制の強化について

エネルギー関連サービス体制の強化について

KPMGジャパン(本部 東京都新宿区、チェアマン 内山英世)は、エネルギー分野におけるコンサルティング需要の高まりに対応するために、エネルギー関連サービス体制を強化しますので、お知らせします。

関連するコンテンツ

新興国の経済発展によるエネルギー消費の拡大や化石燃料に依存した社会からの脱却など、エネルギー問題は地球規模での課題となっています。このような課題に対する世界的なエネルギー関連市場の拡大を背景に、KPMGはグローバルベースでエネルギー業界に対するサービスの提供に力を入れてまいりました。
日本においても、2011年の震災を契機に、環境・エネルギー政策や事業に対する様々な問題点や提案が提起されており、新エネルギー基本計画の策定、電気事業法改正案国会審議が予定されるなど、本分野におけるコンサルティングニーズは今後ますます高くなるものと予想されています。
このような状況下、KPMGジャパンは、あずさ監査法人、KPMG税理士事務所をはじめ、KPMG FAS、KPMG BPA、KPMGマネジメントコンサルティング、KPMGビジネスアドバイザリー等グループ各社が連携して、エネルギー業界に対するアドバイザリーサービスを強化していく方針です。

この取り組みの第一弾として、KPMGマネジメントコンサルティング株式会社(本社 東京都千代田区、代表取締役CEO 橋本正己、代表取締役COO 秋元比斗志)は、日本におけるエネルギー関連事業者の事業支援やスマートグリッドの推進において重要な役割を果たしてきた宮坂修司氏と赤峰陽太郎氏を迎え、新たにエネルギー・インフラストラクチャーセクターを設置しました。

今後、政府・官公庁、電力・ガス事業者、新エネルギー事業者、重電・電機メーカー、エレクトロニクスメーカー、商社、エネルギー分野への新規参入事業者などを対象に、「電気事業の再構築に伴う事業変化」「自然エネルギー発電」「市場のオープン化・国際化対応」「国内・国際連系構想」などの分野に係る各種コンサルティングサービスをKPMGグループ各社と協力して提供していく予定です。

KPMGマネジメントコンサルティング株式会社 エネルギー・インフラストラクチャーセクター

責任者 パートナー 宮坂 修司
アソシエイトパートナー 赤峰 陽太郎
所在地 東京都千代田区丸の内1丁目8番1号丸の内トラストタワーN館
連絡先 03-5218-6400

主な提供サービス

エネルギー事業設計支援 電気事業再構築及び規制設計支援、Rate Baseのグローバルベンチマーク支援、国際標準対応ロードマップ策定支援、需給調整ビジネスモデル策定支援、電力取引市場のビジネスモデル設計支援など。
インバウンド対応支援 国内ベンダーの国際標準対応支援、外資ベンダーの市場参入戦略策定及び実行支援、新規参入事業者の戦略策定及び実行支援など。
アウトバウンド対応支援 国内ベンダーの海外市場進出戦略策定及び実行支援、国際標準対応支援、日本標準の国際標準化対応支援など。
競争環境下における対応支援 業務・組織・IT再設計支援、会計システム対応支援(IFRS対応含む)、アウトソーシング支援、変革統合管理(PMO)支援など

コンサルタント略歴

パートナー 宮坂 修司
伊藤忠商事、アクセンチュア、日本IBM(ユーティリティ事業担当事業開発エグゼクティブ)にて情報通信システム、エネルギー、素材産業分野などの専門的分野におけるコンサルティングおよびIT導入支援を多数経験。グローバルベストプラクティスの共有に留まらず、日本市場に合致したサービスの提供を推進し、国内電力・ガス事業会社から得た高い信頼に基づいた実効性のあるコンサルティングの提供およびソリューション開発・導入を展開。資源・エネルギー庁の「低炭素電力供給システムに関する研究会」のオブザーバー参加他、スマートグリッドや電力分野におけるセミナーや執筆実績も多数あり。東京大学工学部原子力工学科卒。

アソシエイトパートナー 赤峰 陽太郎
東京電力、ブーズ・アンド・カンパニー、ABB(スマートグリッド事業部長)において環境・エネルギービジネス、スマートグリッドに関し事業者およびコンサルタントとして、双方の立場から幅広い経験を有す。経済産業省(日本スマートコミュニティアライアンス)「スマートハウス標準化検討会HEMSタスクフォース」臨時委員及び資源・エネルギー庁「次世代ネットワーク研究会」の委員サポートの他、エネルギー、環境、スマートグリッドビジネスに関する国内外での講演、各種媒体への執筆も多数あり。東京大学工学部電気工学科卒、同大学院修士および博士課程修了、工学博士。スタンフォード大学アジア太平洋研究センター客員研究員。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信