KPMG「世界で最も魅力的な企業」ランキングで2年連続2位 | KPMG | JP

KPMG「世界で最も魅力的な企業」ランキングで2年連続2位

KPMG「世界で最も魅力的な企業」ランキングで2年連続2位

監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークであるKPMG(本部:オランダ、アムステルフェーン、会長:マイケル・アンドリュー)は、Universumがこの度調査した2011年度の「世界で最も魅力的な企業」ランキングにおいて、昨年に引き続き2年連続で2位に選ばれましたので、お知らせします。

関連するコンテンツ

このランキングは、世界の先進12カ国(米国、中国、日本、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ブラジル、スペイン、カナダ、ロシア、インド)におけるビジネス専攻の大学生約83,000名からの回答に基づいたものです。グローバル人材コンサルティング会社であるUniversumは、ビジネスおよびエンジニアリングを専攻している大学生に対して理想の企業調査を行い、世界で最も魅力的な企業トップ50社のランキングを出しています。

KPMGインターナショナルの人材開発統括責任者であるレイチェル・キャンベルは、「今日の複雑な世界を切り拓くために必要とされるスキルを職員が身につけることができるよう、我々は多面的な取り組みを行っている。このような複雑な世界では、我々の職員の業務は国境の垣根を越え、最先端のプロジェクトに携わることになる。最も魅力的な企業の一つとして、多くの学生がKPMGを選んでくれたことを非常に光栄に思う。また、このことは、我々が職員に対して世界的レベルの学習機会を提供していることを認知してくれている結果だと捉えている。」とコメントしています。

今年の8月、KPMGインターナショナルは今後3年間に世界のメンバーファームにおいて、約75,000人の大卒生を採用することを発表していますが、これにより大卒の採用対象者が25%増えることになります。この採用方針は、KPMGのメンバーファームの長期的かつグローバルな成長戦略上、重要な意味を持っています。

KPMGインターナショナルの会長であるマイケル・アンドリューは、次のようにコメントしています。「我々の職員は日々国境を越えて活動し、世界的な潮流の先を見据え、深い専門知識を提供し、そしてクライアントが有する優先的課題に対して直接対話しながら価値を生み出している。
我々は協働、権限委譲、そして成果というものを経験できる環境の中にあり、それは職員にプロフェッショナルとして、また個人としても成長する機会を与えている。Universumのランキングは、我々が新卒者に提供すべき雇用環境に対する真の指標となっている。」

UniversumのCEOであるペター・ナイランダー氏は、「Universumは、ビジネス専攻の学生83,000名からの回答を基にした第3回の「世界で最も魅力的な企業」ランキングを発表することができ、光栄である。KPMGや他の上位にランクされた企業は、それらの企業ブランドが国境を越えて、世界の優秀な学生たちに知れ渡っていることを誇りに思うことができる。」と述べています。

2011年度の「世界で最も魅力的な企業」ランキングの結果は、以下のサイトからご覧いただけます。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信