KPMG、「世界で最も魅力的な企業」ランキングで2位に

KPMG、「世界で最も魅力的な企業」ランキングで2位に

監査、税務、アドバイザリーサービスを提供するプロフェッショナルファームのグローバルネットワークであるKPMG(本部:オランダ、アムステルフェーン、会長:ティム・フリン)は、Universumがこの度調査した2010年度の「世界で最も魅力的な企業」ランキングで2位に選ばれましたので、お知らせします。

関連するコンテンツ

このランキングは、世界の先進12カ国(米国、中国、日本、ドイツ、フランス、英国、イタリア、ブラジル、スペイン、カナダ、ロシア、インド)における大学・大学院の学生130,000名からの回答に基づいたものです。グローバル人材コンサルティング会社であるUniversumは、ビジネスとエンジニアリングを専攻している学生に対して理想の企業調査を行い、世界で最も魅力的な企業トップ50社のランキングを出しています。

KPMGは2010年のビジネス専攻の学生が選ぶ最も魅力的な企業ランキングでGoogleに次いで2位となり、2009年の8位から6位もランクを上げる結果となりました。

KPMGインターナショナルの会長であるティム・フリンは、次のようにコメントしています。

「世界の多くの学生がKPMGをキャリアを開始し形成する理想的な職場として見てくれていることは大変光栄だ。これは我々の職務が社会の中で重要な役割を果たしていること、そして今日の複雑化したグローバルなビジネス環境の中で、クライアントや社会に貢献するために必須のスキルや価値を身につけるようにKPMGが職員に対して奨励していることを学生の皆さんが認識してくれた結果だと思う。」

KPMGのメンバーファームは全世界において過去1年間で約15,000名の学生を採用しています。KPMGインターナショナルの人事責任者であるレイチェル・キャンベルは、

「我々の学卒採用者は、様々な人材開発プログラムを受けることによって、専門的な技術、ビジネス、リーダーシップスキルやグローバルな視点を学び、キャリアを積むことができる。また、学卒者たちは、世界各国で働く機会を提供するKPMGのグローバル・モビリティ・プログラムにも魅力を感じているようだ。」

とコメントしています。

UniversumのCEOであるミカル・カリノウスキー氏は、

「ますます要求が高くなってきている若い世代から人材を確保するためには、企業は強力なブランドを作り上げていかなければならない。今回の調査結果から、KPMGのメンバーファームは革新的な学生向け施策と職員向けプログラムによって、まさにそれを実行している事がうかがえる。」

と評価しています。

2010年度の「世界で最も魅力的な企業」ランキングの結果は、以下のサイトからご覧いただけます。

なお、日本におけるKPMGのメンバーファームは、以下のとおりです。

  • 有限責任 あずさ監査法人
  • KPMG税理士法人
  • 株式会社KPMG FAS
  • 株式会社KPMG BPA
  • KPMGあずさサステナビリティ株式会社
  • KPMGヘルスケアジャパン株式会社
  • KPMG BRM株式会社/KPMG社会保険労務士法人

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信

新デジタルプラットフォーム

新機能の実装と新デザイン