FASB - ASU第2018-18号「Topic 808とTopic 606との関係の明確化」を公表(英語) | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2018-18号「Topic 808とTopic 606との関係の明確化」を公表(英語)(米国基準)

FASB - ASU第2018-18号「Topic 808とTopic 606との関係の明確化」を公表(英語)

Defining Issues 18-27 - FASBが2018年11月5日に、共同契約(collaborative arrangements)の当事者間の取引がASC第606号「顧客との契約から生じる収益」の範囲に含まれる場合を明確にし、共同契約に関する会計処理に限定的な改善を行うASU第2018-18号を公表したことについて記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB finalizes targeted improvements for collaborative arrangements」を公表しました。
このASUは、ASC第606号の範囲に含まれない取引の表示に関しても若干のガイダンスを提供しています。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信