FASB - ASU第2018-17号「変動持分事業体に関する関連当事者のガイダンスの限定的な改善」を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2018-17号「変動持分事業体に関する関連当事者のガイダンスの限定的な改善」を公表 (英語)(米国基準)

FASB - ASU第2018-17号「変動持分事業体に関する関連当事者のガイダンスの限定的な改善」を公表

Defining Issues 18-24 - このDefining Issuesは、FASBが2018年10月31日に公表したASU第2018-17号について記載しています。このASUは、非公開企業の変動持分事業体に関する新しい免除規定を提供し、意思決定者が変動持分の要件を適用する方法を変更するものです。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S.メンバーファームは「FASB expands the private company VIE exemption and changes fee guidance for decision makers」を公表しました。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信