続・事業再生とバイアウト | KPMG | JP
close
Share with your friends

続・事業再生とバイアウト

続・事業再生とバイアウト

本書はこれからの事業再生の戦略的視点、事業再生局面のバイアウトのプロセス選択、プロフェッショナル経営者の招聘、近年の事業再生型バイアウトの動向等の解説を行ったうえで、バイアウト・ファンドによる事業再生支援の実態を事例紹介、経営者インタビューにより明らかにした企業経営者必読の書です。2011年に刊行した『事業再生とバイアウト』の待望の続編。

関連するコンテンツ

書籍紹介

中堅・中小企業のオーナー経営者、大手企業の経営企画部門・財務部門、プロフェッショナル経営者、プロフェッショナルCFOの方々必読の書。また、金融機関(大手銀行、信託銀行、地方銀行、信用金庫など)の融資部・審査部・企業サポート部にて経営改善支援に従事されている方々およびその他の支援機関(中小企業再生支援協議会、経営改善支援センター、信用保証協会など)や、事業再生のサポートを行うM&Aアドバイザー、弁護士、公認会計士、税理士、中小企業診断士などのプロフェッショナルの方々にも待望の実務書。

著者:日本バイアウト研究所/編 (KPMG FASにて第1章、座談会を担当)

出版社:中央経済社

発行日:2018年11月

体裁:A5判・276頁

定価:3,400円(税抜)

目次

第I部 手法と市場動向

第1章 これからの事業再生の戦略的視点とバイアウト・ファンドの活用
 - 再生・バリューアップを強力に推進するパートナーとして -

執筆者:
株式会社 KPMG FAS 執行役員 パートナー 中村吉伸・坂田惠夫・阿部薫

第2章 事業再生局面におけるバイアウト
 - 事案に応じた買収プロセスの選択 -
第3章 バイアウト・ファンドによる経営支援とプロフェッショナル経営者の招聘
 - 事業再生投資における特徴と事例 -
第4章 常駐経営人材派遣ファームの必要性と活用場面
 - ガバナンスにケミストリー(化学反応)を起こし企業を再生する手法 -
第5章 日本における近年の事業再生型バイアウトの動向
 - 地方の中堅・中小企業の活性化に向けて -
座談会 事業再生の進化と新たな視点
 - バイアウトを通じた再成長ステージの企業への支援 -

討論者:
ネクスト・キャピタル・パートナーズ株式会社 代表取締役社長 パートナー 立石寿雄氏
エンデバー・ユナイテッド株式会社 代表取締役 三村智彦氏
株式会社 KPMG FAS 代表取締役パートナー 知野雅彦氏

第II部 事例と経営者インタビュー

第6章 老舗寝具製造販売会社の事業再生型バイアウト事例
 - メインバンクとの共同投資による越後ふとんの経営改善 -
第7章 スカイマークの経営破綻と事業再生
 - 定時運航率日本一への軌跡 -
第8章 中国・アジアを軸とした製造業の再生と成長
 - 民事再生からV字回復とグローバル成長を達成したポリマテックの事例 -
第9章 事業モデルの転換によるV字回復とIPOの実現
 - カチタスの事例 -
第10章 メガネスーパーにおける上場維持型の事業再生事例
 - ビジネスモデルの変革を通じたステークホルダーの支持獲得プロセス -
第11章 ラグジュアリーブランドの再成長事例
 - ヨウジヤマモトとの9年の歩み -

本書のご注文につきましては直接出版社にお問合せいただくか、書店にてお求めください。

中央経済社

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信