テナント側からの不動産リース IFRS第16号「リース」 - 不動産のテナント | KPMG | JP
close
Share with your friends

テナント側からの不動産リース IFRS第16号「リース」 - 不動産のテナント

テナント側からの不動産リース IFRS第16号「リース」 - 不動産のテナント

IFRS 16 for real estate tenants - 本冊子は、IFRS第16号「リース」における不動産リースについて、テナント側に関する重要な領域について記載しています。不動産リースは、ほぼすべての事業が有する高額なリースです。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのIFRGメンバーファームは、「Tenants’ real estate leases」を公表しました。

テナント側の視点

不動産リースは、IFRS第16号の多くの適用プロジェクトの中心に位置することになります。不動産リースは、小売業から銀行やマスコミに至るまで、ほぼすべての事業が有する高額なリースです。

この冊子は、特に不動産リースのテナントに関連するIFRS第16号の重要な領域をカバーしています。それぞれのセクションは、実際の条件に基づいた設例を用いて記載されています。

会計実務上の課題

不動産リースは、テナントに多くの会計実務上の課題をもたらします。その理由は以下の通りです。

  • 原資産が高額
  • リース期間が長期
  • 割引率の決定が複雑
  • リースに含まれる複数の選択肢及び賃料調整メカニズム
  • 契約に含まれるリース及びリース以外の要素

テナントにとって何よりも問題となるのは、新しい基準書によって不動産リースの会計処理方法が大幅に変更され、多くの主要な財務比率に影響を与えることでしょう。

したがって適用プロジェクトを成功させるためには、新しい基準書及び契約自体の仕組みに関する十分な理解が必要となります。

関連する情報

このReal estate leases - The tenant perspective(英語PDF:1,419kb)は、特に不動産リースのテナントに関連するIFRS第16号の重要な領域をカバーしています。それぞれのセクションは、実際の条件に基づいた設例を用いて記載されています。これは2019年に新しい基準書を適用するための準備に役立つことでしょう。
不動産リースにおける貸手側の視点についての冊子も近日中に公表する予定です。
IFRSに基づくリース会計について洞察を深めたい方は、IFRS - Leasesのhot topicsのページをご覧ください。
IFRSの最新情報及びトピックスについては、'KPMG IFRS' on LinkedInpodcasts及びIFRS blogをご利用ください。

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信