MBRSのリリース | KPMG | JP
close
Share with your friends

MBRSのリリース

MBRSのリリース

マレーシアニューズレター - 2018年9月27日、マレーシア企業委員会(SSM)はXBRL(eXtensible Business Reporting Language)に基づいた財務諸表等のデジタル提出プラットフォーム(MBRS<Malaysian Business Reporting System>)をリリースしました。

関連するコンテンツ

MBRSでは、以下の文書のオンラインでの提出が可能です。

・Financial Statements and Reports(FS)…財務諸表
・Annual Returns(AR)…年次報告書
・Exemption Applications(EA)relating to FS and AR applications…免除申請書

SSMの公式発表によると、下記の点について強調されています。

1. 財務諸表、年次報告書及び免除申請書は2018年9月28日よりMBRSポータルサイト上での提出が可能となっている。現時点において提出は任意であるが、早期にMBRSサービスを利用することが推奨される。
2. 下記の地域別の適用日以降、年次報告書の提出は、オンラインでの提出が義務付けられる。

地域 適用日
Central Zone Kuala Lumpur and Selangor 2018年11月
Southern Zone Negeri Sembilan, Melaka and Johor 2018年12月
Eastern Zone Pahang, Kelantan and Terengganu 2019年1月
Northern Zone Perlis, Perak, Kedah and Pulau Pinang 2019年2月
East Malaysia Sabah, Sarawak and Labuan 2019年3月


3. 財務諸表のオンラインでの提出が義務化される日程は、後日決定される。

MBRS適用に向けての準備

MBRS制度において、全てのマレーシア内国法人および2016年会社法に基づき登録された全ての外国法人は、免除される会社を除き、XBRLフォーマットで作成された財務諸表一式をオンラインで提出することが要求されます。当該ファイルはSSMタクソノミ(SSMxT)にしたがって作成しなければなりません。MBRSへの移行において、以下の点に留意する必要があります。

  • MBRSで要求される事項の理解と、財務報告プロセスへの影響
  • MBRS責任者の任命、および研修、プロセス構築、品質チェックのための十分な時間の確保
  • MBRSの要求事項に沿った財務諸表の作成、および情報の網羅性、正確性を担保するための十分なリソースの確保

マレーシアニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信