JICPA、「監査基準の改訂に関する意見書」に対応する監査基準委員会報告書701「独立監査人 ... | KPMG | JP
close
Share with your friends

JICPA、「監査基準の改訂に関する意見書」に対応する監査基準委員会報告書701「独立監査人の監査報告書における監査上の主要な検討事項の報告」等の公開草案を公表

JICPA、「監査基準の改訂に関する意見書」に対応する監査基準委員会報告書701「独立監査人 ...

会計・監査ニュースフラッシュ - 2018年10月19日、日本公認会計士協会は、「監査基準の改訂に関する意見書」に対応する監査基準委員会報告書701「独立監査人の監査報告書における監査上の主要な検討事項の報告」等の公開草案(以下「本公開草案」という)を公表しました。本公開草案のコメント期限は本年11月30日とされています。

関連するコンテンツ

1.本公開草案の概要

本公開草案は、日本公認会計士協会が、2018年7月に金融庁より公表された「監査基準の改訂について」を踏まえ、監査基準委員会報告書の新設及び改正について検討を行い、公表されたものです。

2.公開草案の内容

「監査上の主要な検討事項」に関連する監査基準委員会報告書の新設及び改正

本公開草案では、改訂監査基準で新たに導入された「監査上の主要な検討事項」の記載要求に対応して、監査基準委員会報告書701「独立監査人の監査報告書における監査上の主要な検討事項の報告」の新設や、監査基準委員会報告書260「監査役等とのコミュニケーション」等の改正やその他の監査基準委員会報告書の適合修正が提案されています。

「監査上の主要な検討事項」に関連する事項以外の改正

本公開草案では、改訂監査基準の報告基準における「監査上の主要な検討事項」以外の改訂に対応して、監査基準委員会報告書700「財務諸表に対する意見の形成と監査報告」の改正や関連する監査基準委員会報告書の適合修正が提案されています。

継続企業の前提に関わる改正

本公開草案では、改訂監査基準における継続企業の前提に関する記載区分の変更等に対応して、監査基準委員会報告書570「継続企業の前提」の改正が提案されています。

3.適用時期

本公開草案では、監査基準委員会報告書701「独立監査人の監査報告書における監査上の主要な検討事項の報告」、及びそれに関連する要求事項及び適用指針について、2021年3月31日以降終了する事業年度に係る監査から適用することが提案されています。

ただし、これらについては、2020年3月31日(米国証券取引委員会に登録している会社においては2019年12月31日)以降終了する事業年度に係る監査から早期適用することができると提案されています。

上記以外の改正については、2020年3月31日以後終了する事業年度に係る監査から適用することが提案されています。

参考情報へのリンク(外部サイト)

執筆者

有限責任 あずさ監査法人
監査プラクティス部

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

会計・監査ニュースフラッシュ

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信