クラウド・コンピューティング(IAS第38号に関連) | KPMG | JP
close
Share with your friends

クラウド・コンピューティング(IAS第38号に関連) - IFRICニュース2018年9月

クラウド・コンピューティング(IAS第38号に関連)

IFRS解釈指針委員会ニュース(2018年9月) - クラウド・コンピューティング(IAS第38号に関連)については、2018年9月のIFRS-IC会議で新規に取り上げられました。

関連するコンテンツ

関連IFRS

IAS第38号「無形資産」

概要

以下の前提において、ソフトウェアをサービスとして提供する(SaaS)クラウド・コンピューティング契約における顧客の会計処理はどうなるか

  • 顧客は、サプライヤーのクラウド基盤上で動くサプライヤーのアプリケーション・ソフトウェアにアクセスするために手数料を支払う。
  • 通常、顧客にソフトウェアの所有権は無く、必要に応じて、インターネットや専用回線を通じて、ソフトウェアにアクセスする。
  • 顧客仕様のソフトウェア構成は例外となる可能性があるが、顧客は、クラウド基盤を管理又は支配しない。

ステータス

審議の状況

IFRS-ICは、2018年9月のIFRS-IC会議で以下の点を中心に審議したが、特段の暫定的決定はなされなかった。

  • SaaSクラウド・コンピューティング契約に基づく、ソフトウェアにアクセス又は使用する権利は、IFRS第16号ではなく、IAS第38号の適用範囲内である。
  • IAS第38号第13項の支配の考え方に照らした、サービスと無形資産の区別の仕方
  • 顧客がサプライヤーのアプリケーション・ソフトウェアにアクセスする権利を支配しているかどうかは、契約条件次第であり、判断が要求されるかもしれない。

IFRS-ICは、今後のIFRS-IC会議で、審議を継続する予定である。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信