IFRS第17号 持続可能な変革を促すカタリスト | KPMG | JP
close
Share with your friends

IFRS第17号 持続可能な変革を促すカタリスト

IFRS第17号 持続可能な変革を促すカタリスト

IFRS第17号の適用期日である2021年1月が、もう目の前に迫っています。保険会社が受ける影響は大きいですが、将来の人材の構築を始める貴重な機会も保険会社にもたらします。あなたの組織は、IFRS第17号を利用して、会社を変革していますか?

関連するコンテンツ

そろそろ、ほとんどの保険会社はすでにIFRS第17号導入戦略を慎重に考えているでしょう。結局のところ、これは保険関連の会計基準の変更としては過去10年以上において最大の変更となります。

この変更が重要な理由の1つは、IFRS第17号は財務報告の枠を超えて、保険数理上の評価、ALM(資産・負債の総合管理)、リスクマネジメントをすべて網羅しているからです。保険会社では、IFRS第17号の影響と要求事項をあらゆる部分で感じることになるでしょう。

また、人材に対しても、これは重要な変更です。実際、ほとんどの保険会社がすでに、数年に及ぶ「移行期間」に生じる人材に関する大きな課題を認識しています。新旧のプロセスと報告を同時並行で行い、照合する必要があります。新たなプロセスをテストし、調整する必要があります。コンプライアンスおよび監査の手続きを行う必要があります。また、その間ずっと、平常どおりに業務を続けていかなければなりません。

保険会社が2021年の期日に向けた導入のロードマップに沿って取組みを進めていくにつれて、プレッシャーは高まる一方でしょう。歴史を振り返ると、計画どおりスケジュールを守れる組織は少数派です。施行期限が迫るにつれ、従業員が受けるプレッシャーは計り知れないほど大きくなります。

さらに先を見通す者は、IFRS第17号により、保険会社は――移行期間中も2021年以降も――新たな基準に従ってビジネスを適切に管理するために現在のスキルと能力の急速な進化を求められるであろうことも認識しています。意思決定を迅速化するために新たなコンピテンシーが必要とされる場合(特にミドルマネジメントにおいて)もあります。高度なビジネスのフレキシビリティ、意思決定の即応性、価値を実現するためにも、スキル、能力、職務、協力およびオペレーティングモデルを適切に組み合わせるのに苦労する会社が増えるかもしれません。

負担をメリットに変える

KPMGメンバーファームは、保険会社はIFRS第17号への転換を「また1つ」我慢しなければならない「混乱」が生じると捉えるか、既存の組織変革のロードマップを加速させる機会だと捉えるか、2つのいずれかになるだろうと考えています。前者のように捉える会社はIFRS第17号を導入することで一定の恩恵を受けられるかもしれませんが、大きな業務上の課題にぶつかる可能性も高そうです。後者のように考える会社は、活性化し、将来にふさわしい姿になっているはずです。

保険会社がIFRS第17号への移行を自らの変革の取組みを促進させるために利用できる方法がいくつかあります。

1.自動化の利用と価値を高める

適用開始の負担を感じ、絶え間ない変化に疲労を感じている従業員にさらに多くのことをやらせようとするのではなく、保険会社は新たなIFRS第17号のプロセスを自動化する機会を検討すべきです。最初に移行させるべきなのは、ミッションクリティカルなプロセスと、データ量が多くリスクが低いプロセスです。けれども、保険会社はIFRS第17号を利用して、その他にもデジタルワーカーを労働力構成に組み込む(おそらくは長期的な)機会を特定していくべきです。

2.組織のサイロ(縦割り構造)を取り壊す

IFRS第17号は、従業員間、部門間のこれまでより遙かに高レベルの協働を必要とします(特に、シームレスな社内データの伝達を実現しようとする際に)。それは、社員が自分たちの活動、影響、決定をより「全社的視野」から見られるようになるのに役立つはずです。組織各所から最高の人材をIFRS第17号導入プロセスに関与させることにより、保険会社は次世代のビジネスリーダーの育成を促進できます。

3.共通の言語を持つ

IFRS第17号導入により、組織はデータの質の向上、データ正規化の達成、相互理解の奨励に今まで以上に重点的に取り組まなければならなくなります。最初はこれが困難な課題をもたらすかもしれませんが、大きなメリットも得られます。史上初めて、IFRS第17号により、世界中の国・地域および市場で報告を行う際に、保険会社は本質的に「同じ言語を話す」ことができるようになります。そして、それにより、保険会社は全社的な協力を改善できるのみならず、財務実績から営業実績までのすべてに関するより深い洞察を得られるようになるはずです。

4.新たなモデルを模索する

財務報告および会計処理に単一の手法を採用することにより、保険会社は、共通のプロセスやプラクティスの一部をシェアードサービスやセンター・オブ・エクセレンス・モデルに一元化することができるようになるはずです。これは、事業会社の負担を一部軽減できるのみならず、組織がアイデアや優れた実務を組織全体で共有できる「ナレッジ・コミュニティ」の構築を可能にします。

5.新たなスキルと能力を育成する

IFRS第17号の導入がない場合でさえも、新しいビジネス環境の現実に合うように伝統的な保険に関する一連の能力を変更する必要があることは明らかでした。保険会社は、IFRS第17号(および自動化の採用)への移行を使って、コアとなる能力を再考し、デジタルレイバー(Digital labor)の価値を評価し、将来の理想的な人材への移行を開始すべきです。

機会を生かす

結論を言えば、IFRS第17号の適用期限が近付いており、それは伝統的な保険会社の人材にとって、とてつもなく大きな変化だということです。保険会社は、最小限の混乱を乗り切ろうとすることもできますし、IFRS第17号を人材、そしてより広い組織の真の持続可能な変革を促進する機会と捉えることもできます。私たちは後者を強くお勧めします。

IFRS第17号を変革の加速要因にするための5つのステップ

  1. 全社を網羅し、人材、プロセス、テクノロジーの影響を考慮した確実なIFRS第17号導入のロードマップを作成する
  2. IFRS第17号への移行期およびそれ以降に組織をサポートする自動化を活用する機会を見つける
  3. 将来必要となるスキルを特定し、どのようにしてIFRS第17号の全面適用を管理する適切な能力を連携、開発、取得するかを検討する
  4. 長期的にビジネスがフレキシビリティを高められるようにしつつ、短期的に既存の従業員が負う負担を軽減する新たなモデルを模索する
  5. 部門間の協力を増やし、将来リーダーシップの役割を担う人材を育成する機会として、この移行を利用する

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信