IRSがFIによるFATCA登録情報の更新を勧告 | KPMG | JP
close
Share with your friends

IRSがFIによるFATCA登録情報の更新を勧告

IRSがFIによるFATCA登録情報の更新を勧告

2018年9月26日、米国内国歳入庁(IRS)は、FATCA登録上のFATCA責任者およびコンタクトパーソンの氏名およびメールアドレスが常に最新の状態に保たれている必要があることを改めて徹底するための通達を公表しました。担当者の変更があった場合には、直ちにFATCA登録情報の更新を行うよう勧告しています。

関連するコンテンツ

IRSの通達では、FATCA登録完了時には、FATCA責任者(Responsible Officer, RO)およびコンタクトパーソン(Point of Contact, POC)の氏名および連絡先情報が含まれている必要があり、それぞれの郵便宛先住所、メールアドレス、および電話番号の登録が必須とされております。ROおよびPOCは、IRSからの宣誓に関すること等、一般的な問合せやその他FATCAコンプライアンス目的に係る連絡を受ける対象となります。IRSは、金融機関(FI)のFATCA登録システムのメッセージボードに通知を送ることにより、必要なアクションについて案内します。メッセージボードに通知が送られる際には、同時にROのメールアドレス宛にメールも送信されます。FIは、現在登録されているROのメールアドレスが正確であることを確認したうえで、メッセージボードの確認を徹底することが必要です。

執筆者

あずさ監査法人
金融事業部
マネジング・ディレクター 山崎 千春
マネジング・ディレクター 九里 隆吉

関連リンク

FATCA/CRS関連情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信