FASB - ASU第2018-14号「開示フレームワーク - 確定給付制度に関する開示規定の改訂」を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2018-14号「開示フレームワーク - 確定給付制度に関する開示規定の改訂」を公表(英語)(米国基準)

FASB - ASU第2018-14号「開示フレームワーク - 確定給付制度に関する開示規定の改訂」を公表

Defining Issues 18-18 - このDefining Issuesは、FASBが2018年8月28日にASU第2018-14号を公表したこと、並びに確定給付型年金制度及びその他の退職後給付制度に関する開示の改訂に関する考察について記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB amends defined benefit plan disclosures」を公表しました。
この改訂は、財務諸表の利用者のために開示の全般的な有用性を改善し、開示を作成する際の企業の不要なコストを軽減することを目的としています。

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信