税務テクノロジーと税務部門の展望 | KPMG | JP
close
Share with your friends

税務テクノロジーと税務部門の展望

税務テクノロジーと税務部門の展望

税務責任者の多くが今後5年間で税務テクノロジーへの投資を増加するべきと回答している一方、調査結果からは、税務関連ソフトウェアの活用が限定的であることが、税務部門の効率性向上の機会を逸している可能性を示唆しています。

関連するコンテンツ

税務に関わるテクノロジー専任のフルタイムの人材について

ベンチマーク調査結果に関するサマリーレポートや本欄に掲載のインフォグラフィック資料から、税務テクノロジーに関する調査結果をご覧ください。

重要なポイント:

  • 税務責任者が投資の優先分野としてあげた項目の中で、税務テクノロジーは人員増に次いで2位でした。
  • 多くの税務責任者が、自社のシステムから取得した税務データの信ぴょう性について不安があると回答しています。
  • 税務コンプライアンス業務用のソフトウェアは現在最も広く一般的に使用されていますが、ほとんどの企業で今後5年間に国別報告書作成ソフトウェアの購入を検討しています。

税務テクノロジーに関する調査結果の概要は、以下のレポートをご覧ください。

英語コンテンツ(原文)

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信