IAISがComFrameの採択に向けたコンサルテーション・ペーパーを公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

IAISがComFrameの採択に向けたコンサルテーション・ペーパーを公表

IAISがComFrameの採択に向けたコンサルテーション・ペーパーを公表

2018年7月31日、保険監督者国際機構(IAIS)は2019年に採択予定のComFrame(国際的に活動する保険グループ(IAIGs)の監督のための共通のフレームワーク)のコンサルテーション・ペーパーを公表しました。意見募集の締切は2018年10月30日となっています。

関連するコンテンツ

ComFrameの概要

ComFrameは国際的に活動する保険グループ(IAIGs)監督のために保険監督者国際機構(IAIS)が開発中の共通のフレームワークであり、IAIGsの規制および監督上のプロセスに比較可能性を提供することにより、監督機関が効率的かつ効果的に協力し連携するための枠組みとなることを目的としています。IAISは、2019年11月の年次総会において、ComFrame(ICS 2.0を含む)の採択を予定しています。

コンサルテーション・ペーパーの概要

今回のコンサルテーション・ペーパーでは、2019年11月の採択に向けてComFrame全体に関するドラフトが公表されています。この文書は次の4つのセクションから構成されており、各部分の概要と今回の変更点は以下のとおりです。

1.ComFrameについてのイントロダクション

  • 2017年3月に最初のコンサルテーション・ペーパーが公表されており、当該コンサルテーションのコメントを受けて修正

2.ICP 5(個人の適格性), 7(コーポレートガバナンス), 8(リスク管理および内部統制), 9(監督レビューおよび報告), 10(予防措置および是正措置), 12(清算および市場からの撤退), 25(監督上の協力および協調)に関して、ComFrameのICPsへの統合

  • 2017年3月にICPsにComFrameを統合した形式での最初のコンサルテーション・ペーパーが公表
  • コンサルテーションのコメントを受けた修正、用語の統一
  • ICS Version 2.0に関するクアラルンプール合意を反映した修正 等

3.ICP 15(投資), 16(ソルベンシー目的の統合的リスク管理(ERM))に関して、ComFrameのICPsへの統合

  • 2017年11月にICPsにComFrameを統合した形式での最初のコンサルテーション・ペーパーが公表
  • コンサルテーションのコメントを受けた修正、用語の統一
  • Recovery Planに関するICPおよびComFrameの規定を、ICP 10.3からICP 16.13に移行

4.ComFrameを統合したICP 23(グループレベルの監督)に関して、ComFrameのICPsへの統合

  • 今回がICPsにComFrameを統合した形式での最初のコンサルテーション
  • IAIGsの判定方法、IAIGの親会社(Head)の特定方法、グループレベルの監督のスコープおよびグループ会社の情報の取得に関して規定

ComFrameの開発の今後のスケジュール

IAISは、今後以下の日程でComFrameの開発を進める予定です。

  • 2018年10月まで:今回のコンサルテーションのコメント受付
  • 2018年下旬:システミックリスクに対する措置に関するComFrameのコンサルテーション
  • 2019年7月:今回のコンサルテーションの結果を公表
  • 2019年11月:IAIS年次大会でICPsおよびComFrameの採択(ICS Version 2.0を含む)

参考情報へのリンク(外部サイト)

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信