FASB - ASU第2018-12号「長期保険契約に関する会計処理の限定的な改善」を公表(英語)(米国基準) | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2018-12号「長期保険契約に関する会計処理の限定的な改善」を公表(英語)(米国基準)

FASB - ASU第2018-12号「長期保険契約に関する会計処理の限定的な改善」を公表(英語)(米国基準)

Defining Issues 18-16 - このDefining Issuesは、FASBが2018年8月15日に、ASU第2018-12号「長期保険契約に関する会計処理の限定的な改善」を公表したことについて記載しています。このASUは、保険会社が長期保険契約を認識、測定、表示及び開示する方法を変更するものです。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB changes long-duration insurance accounting model」を公表しました。
投資家を含む利害関係者から、適時性または透明性において意思決定に役立つ十分な情報が提供されていないとのコメントが寄せられていた長期保険契約の従前の会計モデルを改善しています。保険会社は、組織全体で基準の影響に関する分析を開始しなければなりません。

英語コンテンツ(原文)

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信