「物理的な拠点」を持たない企業には課税できないとする従来の基準を覆し、Wayfair社に対する課税 ... | KPMG | JP
close
Share with your friends

「物理的な拠点」を持たない企業には課税できないとする従来の基準を覆し、Wayfair社に対する課税権限を認めた連邦最高裁判所の判決(英語)(米国基準)

「物理的な拠点」を持たない企業には課税できないとする従来の基準を覆し、Wayfair社に対する課税 ...

Defining Issues 18-12 - 連邦最高裁判所が2018年6月21日に、サウスダコタ州とWayfair社の間で争われた裁判において、州内に店舗など物理的な拠点を持たない売主にも売上税及び使用税を徴収することを認めるとの判断を示したため、これが企業の財務報告に与える影響について記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「Supreme Court overturns ‘physical presence’ standard in Wayfair decision」を公表しました。

企業はこの最高裁判所の決定により、財務諸表上の負債を認識し追加的な開示を提供する必要があるか否かを検討する必要があります。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信