SECスタッフ - 米国税制改革に関する会計処理及び新しい基準書の適用への取組みについてコメント(英語) | KPMG | JP
close
Share with your friends

SECスタッフ - 米国税制改革に関する会計処理及び新しい基準書の適用への取組みについてコメント(英語)(米国基準)

SECスタッフ - 米国税制改革に関する会計処理及び新しい基準書の適用への取組みについてコメント(英語)

Defining Issues 18-10 - このDefining Issuesは、米国税制改革に関する会計処理並びに収益、リース及び信用損失の基準書の適用の進捗に関するSECスタッフの見解について記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「SEC staff comments on accounting for tax reform and implementation efforts for new standards」を公表しました。

2018年6月7日に開催された第37回SEC及び財務報告協会年次会議(SEC and Financial Reporting Institute Conference)において、主任会計官代理であるSagar Teotia氏はSEC登録企業に対して、この見解を検討し、自社の基準書の適用の進捗について慎重に評価することを促しました。

このページに関連する会計トピック

会計トピック別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信