仮想通貨ベンチマーク研究会、仮想通貨ベンチマーク開発に向けた報告書を公表 | KPMG | JP
close
Share with your friends

仮想通貨ベンチマーク研究会、仮想通貨ベンチマーク開発に向けた報告書を公表

仮想通貨ベンチマーク研究会、仮想通貨ベンチマーク開発に向けた報告書を公表

8月3日、仮想通貨ベンチマーク研究会(主催:株式会社QUICK、事務局:KPMG/あずさ監査法人)から、仮想通貨の経済活動を支えるベンチマークの開発を支援することを目的に、仮想通貨交換業者、金融商品、会計、法律の専門家による議論を踏まえ、「仮想通貨ベンチマーク開発の論点~エコシステム構築に向けて」と題する報告書が公表されました。

関連するコンテンツ

仮想通貨に係る市場の発展に伴って、様々な仮想通貨に係るベンチマークに対するニーズが生まれています。他方で、今後も仮想通貨に係る市場が進展する中でベンチマークが十分に揃っているとは言い難く、的確にニーズに応えるベンチマークの開発が期待されています。
仮想通貨ベンチマーク研究会は、仮想通貨に係る市場・規制の動向およびベンチマークに対するニーズを分析するとともに、ベンチマークの算出方法等に係る論点を提示することを通じて、仮想通貨に係る経済活動を支えるベンチマークの開発を支援することを目的として、報告書を取りまとめています。

参考情報へのリンク(外部サイト)

金融機関に関する最新情報

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信