チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2018年7月号) | KPMG | JP
close
Share with your friends

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2018年7月号)

チェコ Tax & Legal Update ニューズレター(2018年7月号)

チェコにおける事業展開を考察する際に参考になるような最新動向を、Tax・Legal・Case Lawに区分し、それぞれのトピックにおける日本語要約版および英語解説文(ウェブリンク)を紹介します。今回は、2019年VAT法改正:3つの重要な変更、個人所得税法改正の中止、英国がEUを去った後の3つの関税オプション、について概説します。

関連するコンテンツ

Tax

2019年VAT法改正:3つの重要な変更

VAT法の改正案が下院へ提出されました。以下に3つの重要な変更点を示します。

  1. 修正申告書に記載すべき、クレジットノート、デビット・ノート日付の明確化
  2. 貸倒債権にかかる税額ベースの修正(調整)
  3. 不動産リースとしての課税に関する選択権の制限

2019 amendment to VAT Act: other three important changes

個人所得税法改正の中止

チェコ共和国財務省は、以前に計画された個人所得税に対する改正が導入されず、提案された所得税法の改正案から削除されたと発表しました。2019年1月1日現在で有効となる予定であった提案された変更点は、GMS Flash Alert 2018-050に掲載しています。
2018年3月15日のニューズレターで議論した改正点の要点は、

  • 15%の均一税率(標準税率)と7%の連帯不課税の廃止
  • スーパーグロス給与に対する現在有効な個人所得税の計算方法の廃止
  • (年間)CZK150万までの19%(まで)の累進課税の導入、当該金額を上回る所得について24%(23%の可能性あり)の所得税率の導入

財務省によると、これらの改正は新しい所得税法において将来導入される可能性があります(2020年より導入が検討されている)。

Cancellation of Plans to Reform Taxation of Individuals

World news

Brexit:英国がEUを去った後の3つの関税オプション

現在の(暫定)合意に変更が無ければ、英国は2021年1月1日に移行期間の経過後に欧州連合を離脱します。(英国はEU離脱により)現時点では、EU加盟国の最大の経済的利点の1つ、すなわち、単一の自由市場および関連する関税同盟を放棄しなければならない可能性が最も高く、関税同盟を離れることは、何十年にもわたって構築されたクロスボーダーの取引連鎖に大きな影響を与えると考えられます。以下では、新しい合意における3つの選択肢を概説しています。

Brexit: three customs arrangement options after Britain leaves the EU

チェコニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信