FASB - ASU第2018-08号「受領及び提供された寄付に関する適用範囲及び会計処理のガイダンス ... | KPMG | JP
close
Share with your friends

FASB - ASU第2018-08号「受領及び提供された寄付に関する適用範囲及び会計処理のガイダンスの明確化」を公表(英語)(米国基準)

FASB - ASU第2018-08号「受領及び提供された寄付に関する適用範囲及び会計処理のガイダンス ...

Defining Issues 18-09 - FASB が2018年6月21日に、非営利企業等が寄付及び類似する取引を会計処理する方法を明確化するASU第2018-08号「受領及び提供された寄付に関する適用範囲及び会計処理のガイダンスの明確化」を公表したことについて記載しています。

関連するコンテンツ

KPMG InternationalのU.S. メンバーファームは「FASB clarifies how not-for-profits and others account for grants and similar transactions」を公表しました。

このASU案は、寄付または類似する取引を、寄付もしくは交換取引のいずれとして会計処理すべきかの評価に役立てることにより実務上の問題に対応するものです。

このページに関連する会計基準

会計基準別に、解説記事やニュースなどの情報を紹介します。

Defining Issues

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信