帯同家族のイタリアにおける就労 | KPMG | JP
close
Share with your friends

帯同家族のイタリアにおける就労

帯同家族のイタリアにおける就労

イタリアニューズレター - 2018年5月7日、イタリア労働・社会政策省は、帯同家族としてイタリアに滞在する外国人の就労に関する通達(第4079号)を発行しました。

関連するコンテンツ

労働許可を取得してイタリアにおいて就労する外国人の帯同家族としてイタリアに滞在する外国人については、これまでも、雇用契約や事業契約を結んでイタリアにおいて就労することが認められていましたが、その就労がいつから認められるのかについて、本通達により、帯同家族はイタリア入国後8日以内に手続きを行うこととなる滞在許可の申請(郵便キットの送付)後、滞在許可証(カード)の発行を待たずとも、就労を開始できることが明らかにされました。
本通達については、先月のニューズレターでも先行してお伝えしておりましたが、その後KPMGインターナショナルのウェブサイトにも掲載されましたので、再度紹介させていただきます。詳細につきましては、リンク先のGMS Flash Alert(英語)をご参照ください。

Italy - New Policy on 2018 Permit to Stay for Family Reasons

イタリアニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信