売上税・サービス税(SST)の草案公開 | KPMG | JP
close
Share with your friends

売上税・サービス税(SST)の草案公開

売上税・サービス税(SST)の草案公開

マレーシアニューズレター - 2018年9月1日から売上税・サービス税(SST)の導入が予定されていますが、この度マレーシア関税局より7月19日付草案が公開されました。

関連するコンテンツ

売上税(案)

対象
  • 課税事業者によりマレーシア国内で製造され、販売、使用、処分される課税物品
  • マレーシアに輸入される課税物品
税率 5%もしくは10%(石油は特別レート)
登録事業者 課税物品の年間売上高RM500,000以上
(GST登録事業者で上記に該当する場合は自動的に登録される)
免税
  • 関税局が公表する免税リストに記載される物品
  • 免税事業者(中央政府、地方政府など)
  • 登録免除事業者(テーラー、宝飾品など)
特別規定
  • 指定地域(ラブアン、ランカウイ、ティオマン)
  • 特定地域(フリーゾーン、保税倉庫、保税工場等)
申告手続
  • 発生ベース
  • 原則2ヵ月毎

サービス税(案)

対象 マレーシアの課税事業者が、事業の一環として提供する課税サービス(ホテル、保険、会計、駐車場、国内航空など)
税率 6%
登録事業者 課税サービスの年間売上高RM500,000以上
(GST登録事業者で上記に該当する場合は自動的に登録される)
免税 サービスの輸入および輸出
特別規定
  • 指定地域(ラブアン、ランカウイ、ティオマン)
  • 特定地域(フリーゾーン、保税倉庫、保税工場等)
申告手続
  • 支払ベース
  • 原則2ヵ月毎

 

詳細はマレーシア関税局のホームページより利用可能ですので、あわせてご参照ください。

  • Proposed Sales Tax Implementation Model
  • Proposed Service Tax Implementation Model
  • A list of goods proposed to be exempted from Sales Tax
  • FAQ - Sales Tax (both English and Malay)
  • FAQ - Service Tax (both English and Malay)

マレーシア関税局HP

移行措置

  • 仕入GSTは、売上税・サービス税の発効日から120日以内まで申告可能。
  • GST登録事業者は、売上税・サービス税の発効日以前の最終GST申告書にて、保有している物品を0%GSTとして申告しなければならない。
  • 売上税・サービス税の発効日以前にインボイスを発行もしくは代金を受領したが、物品の引き渡しもしくはサービスの提供が売上税・サービス税の発効日以降の場合は、売上税・サービス税が適用される。

GSTの終了に伴い、2018年9月1日以降GSTの税務調査が行われることが想定されます。

マレーシアニューズレター

お問合せ

 

RFP(提案書依頼)

 

送信